ヴォイトレレッスンの日々  

ヴォイトレに関わっている方とブレスヴォイストレーニング研究所のトレーナー、スタッフの毎日をとりあげていきます。

05)声のレッスンの感想

レッスンからの声

中に引いた表現は弱さ、薄さが目立つ。前に出した状態で変える。相手に届けるという意識。これが舞台に立って、お客様に届けるという感覚の部分だと感じた。 清らかや美しいと言ったような所や、しみじみなど自分の中にやるのではなく曝け出すというみせる伝…

レッスン効果

声が出しやすい状態を体感することが出来たため、 日々の自己練習においても、感覚の違いを意識することができました。

レッスンからの声

口を余り開いていなかったり、体の使い方が分からず遠慮しながら声を出す癖がある 喉だけではなく、身体全部を使うイメージ。体感を意識する 片足立ちで声を出すと、体が踏ん張り、本来の働きが発動する。その体感を覚えていく 前屈で揺れながら声を出すと、…

レッスンからの声

声を出す際、一番最初を探っているというか遠慮がちに出してしまっている もっと声を出す際、自信を持つ

レッスンからの声

リップロールは唇の周囲が柔軟でないと難しい リップロールは音程によってやりやすい音程・やりにくい音程があり人それぞれ得意な音域は違う まずは発声せずにため息のイメージで息を吐き、そこに声を載せると発声がスムーズになりやすい 息を吐く時はおへそ…

レッスンからの声

呼吸のトレーニング タオルを胸椎に当て、うつ伏せで呼吸。 近辺が大きく動き、深く息が入り心地良い。 起き上がり発声をした際、呼吸のエネルギーがうまくまとまって循環している感じがした。

レッスンからの声

自分の変な癖が無意識に出ていたこと 癖を気にしすぎずに「あーこんなんだったんだー」ぐらいに 受け止めながら改善していく やろうやろうと頑張りすぎずに声を出す 身体の支えが効いてるか確かめる方法が他にもあること 息をたくさん使うトレーニング、「ヒ…

レッスンからの声

自分の今までから、フォーマルになり過ぎず自分らしさを伝える。難しく考えていたようなので、もっと楽に使ってみようと思った。目立つ事よりも自分でいる事を大事にしたい。 決められたセリフの文字を深く考えすぎて、空回りしていた。難しく考えないように…

レッスンからの声

テキストを音読。「間はポーズとも言います。」から始まる2文。 私の読み方は独り言のような読み方になってしまうので、声を高くするのではなく、テンション、ポジションを2段階、3段階上げて読むようにしましょう。前にギャラリーがいて、その人たち(小…

レッスンからの声

自分の地声でお芝居というところで、アニメに寄せたように演じていた。 普段の自分でやるということを意識して、デフォルメしようとしないことが大事だと感じた。ただ自然といえども、明瞭に聞こえるためにも口の中を盾に開く意識を持つことが重要。 うわが…

レッスンからの声

前回よりは高音と低音が出ていた 地声でぎりぎり出る高音が裏声になりがちなので気をつける 喉の下から声を出すときに慎重になっているからのか声量が小さくなる傾向にあるので気をつける

レッスンからの声

声を出す前に体をほぐす重要性・効果 声を出す場所のイメージというか意識の重要性など 声質はともかく、声量という意味では以前より出やすく なってきている気がします。

レッスンからの声

息を吐くトレーニングの重要性。吐く息は最初から強く、かつ同じ強さを維持する 調子が出てからではなくレッスンの最初から正しい発声をする方法 体を存分に使って発声する為のトレーニングがわかりやすかった 自分自身の課題「思いっきりやる」ということが…

レッスンからの声

呼吸。うつぶせになり胸の中心にタオルを敷き発声。楽な呼吸ができた。 腕を伸ばす高低のある発声。わかりやすく気持ちが反映される手の動き。それに応じて息にも変化が生まれた。すべてはつながっているのだとの実感を感じる。自信をもって伸ばして、高いと…

レッスンからの声

朗読において自分の中で落とし込むのではなくて、相手に届ける意識を持つのは大事だなと感じた。芝居も共通して相手に対して行うもの。 口の中の空間の維持と、抜けないように最後まで言い切る。気持ちが続くということ。口の形や下の位置に意識を持っていく…

レッスンからの声

あくびの口で大きい声を出そうとすると、舌に力が入ってしまうので、それを意識して力を抜かなくてはいけないこと。 じっとしているつもりでも、声を出す時に頭が動いている事。 何気なく出す声というものと、この様な注意点を意識して出来るようになった声…

今日のトレーナーのメッセージ

息は均等に出ているようだが(リップロールにて確認)、その息を100%声に変換できないようだ。 横隔膜をうまく使うために体感を刺激しながら、身に着けていくというレッスンだったと、改めてレッスン録音を聞き返して分かった。 また良い声と感じる感覚を体…

レッスンからの声

鎖骨に顎を乗せて、息を吐きながら上体をひねる、ひねった先で止まって、深呼吸して、またスーッとゆっくり息を吐きながら元に戻る練習。これをすることによって、肋骨が動くことを感じることができる。それが肺を広げる練習になることを学びました。 また、…

レッスンからの声

巻き舌の発声練習 発声で使う部分の、余分な緊張をほどくのに有効。 発声 う、か の発声の際の口の中の感覚が不快。 発声する前にどう体を使おうか、音程を合わせないと等考え構えてしまう事で、不快な発声になる傾向がある。 何も考えず、またはどうせ歌え…

レッスンからの声

息を吸う時に下の歯から吸い、下の歯から出すイメージで発声することを更に身に付けたいと思います。

レッスンからの声

発声に関する適切なストレッチ スタッカートで一定の声を出す難しさ 喉が疲れている状態(←今まで意識していないので自分で気付いていなかった) ブレスを考えすぎて(?)ついムダに頑張ってしまって切れる。

レッスンからの声

ス スス スーサ スーーサの練習もリズムを変えることで、新鮮な気持ちで練習することができる。スタッカートで発音することを意識すると、吐く息が強くなることを教わった。 サマ サミ サム サメ、サモの発声練習の際、私はSの音が弱いので、しっかり聞き耳…

レッスンからの声

発声的改善点 重心を、低い仙骨あたりで固定して、上にいかないようにすること。 軟口蓋、硬口蓋を開ける状態を維持すること。 表現的改善点 言葉を流さない。発声と通じるが、お腹で支えてコントロールする必要がある。時間を操れるようにする。 緊張感のあ…

レッスンからの声

花粉症とはいえ、発声への影響は、少しはあります。普段と同じ声を出すためには、若干多めに頑張らないといけないそうです。確かに、前回スルスルと出た声が、同じ出し方だと出ませんでした。この出しにくさはあまり自覚できないもので、トレーナーの話を聞…

レッスンからの声

吟は、気に入った声で吟じれば良いが、声が偏らないようにトレーニングは満遍なく行うのがよい。 吟は、適度にお腹で支えてコントロールする。 吟の始めから終りまで、羊羹を絞り出すようになめらかにつなげて吟じる。 低音域は自然に弱く聞こえるので意図的…

レッスンからの声

「サラサリサルサレサロ」とSをしっかり意識して音を出すことで、力強い声が出ることがわかりました。 野太い声が出るのはわかったので、朗読の時代小説の男の声に生かせたらと思っています。

レッスンからの声

耳をふさいだ後の発声 体が無駄な作業をしていない。 発声する事の体のストレスがどこにも感じられず、 外耳の音が良く聞こえた。 幽体離脱したかのよう、俯瞰的に自分の声が聞こえる。 アオアオ 体で発音を変化させない、口の形を最小限の動きで行う。

レッスンからの声

同時にやることで、抽象化する。語尾のフェードアウトするような感じが優しさに感じる。 動きに関しても、力を入れすぎずに本来使う筋肉を使う。そうすることで、セリフのいいかたも大きく変わるし、リアルになる。体を使う感じ。 口の中が閉まっていると鼻…

レッスンからの声

前屈した時に以前より苦しくなく、楽になっているのを感じた。準備運動として、声が出しやすくなる。 Sの発音を自分で聞く事で、余裕が生まれて音を狙いやすくなる。 耳を塞ぎながら発声。感覚が大きく変わる。自分の声が聞きやすく、音を狙いにいきやすい。…

レッスンからの声

息吐き練習:ス(シュ、ヒ)ッスッスーサ、スーーーサ 前屈して状態を揺すりながら実行する。 「ヒ」の発音だけが「シ」に近くなってしまい、口を開き過ぎていることに気付いたので、口の開きを最小限にしてみたが、それでも「ヒ」の音は充分に出せた。 サッ…