ヴォイトレレッスンの日々  

ヴォイトレに関わっている方とブレスヴォイストレーニング研究所のトレーナー、スタッフの毎日をとりあげていきます。

07)トレーナーのメッセージ

今日のトレーナーのメッセージ

英語の歌をうたう場合は「ア」の母音を明るく発音しましょう。明るく聞かせるためには声をしっかりとお腹で支えて前に出す必要があります。日本語よりもパワーがいりますが、そうしないと声が弱く聴こえるので注意しましょう。(♭Σ)

今日のトレーナーのメッセージ

曲はZで歌ったことで、歌詞に戻ったときに息の流れがよりスムーズになりましたね。特に始めの上行形では一筆書きのような、ダイナミックなひとフレーズに聴こえました!(♯α)

今日のトレーナーのメッセージ

緊張状態ではないリラックスした状態を心がけ、口の奥の空間が縦に広く保たれる状態→ゆったりと体が広がるようなブレス→広がった体を保つ→発音前に息を吐かない→発音という流れが作られるとしっかり聞こえるようになると思います。 出てくる声の質や声帯周り…

今日のトレーナーのメッセージ

朗読会での成功が自信に繋がっていらしたようです。 声に芯が通って来ました。風邪をひかないように。(♭И)

今日のトレーナーのメッセージ

コンコーネ40番、よくなってきました。間違いやすいところも修正されてきました。 この調子で、曲に慣れていきましょう。 38番、後半も非常によく歌えていました。前半と共に合格です!(♯Δ)

今日のトレーナーのメッセージ

順次進行で上行する音型は、途中でギアチェンジしようと思わない方が却ってスムーズにいいところに入ります。 少し高くて苦しいフレーズは、オクターブ下と実音の交互で練習してみて下さい。(♯∂)

今日のトレーナーのメッセージ

技術面では、息吐きを強く長くする練習(力んでよい)、息に声をやさしく混ぜる練習をしてください。歌は、音程が跳躍するところを狙っていけるように。よく歌えています。(♭∴)

今日のトレーナーのメッセージ

mf(普通の大きさ)が、mpに近くなってしまうようです。mfの意識も変えて、うまく調整していきましょう。(♭Ξ)

今日のトレーナーのメッセージ

声が落ち着いてきました。低い音の時は無理をしてし大きく出さなくても大丈夫です。小さくてもしっかり聞こえています。(♯γ)

今日のトレーナーのメッセージ

指導する側が教えていても、体がつらく感じるときには指導と体があっていないことがあり得るのでその時は体がより快適な方を選択して大丈夫です。体やメンタルが心地よいと思えるかはとても大切です。(♭Ξ)

今日のトレーナーのメッセージ

喋ることと歌うことの大きな違いのひとつは、声を伸ばし続ける長さです。長く声を出すためには筋肉や呼吸によるサポートが必要です。今日のレッスンでは、呼吸に関係のある筋肉をたくさん動かしてみました。(♯∂)

今日のトレーナーのメッセージ

セリフのほうでは エッジからの低音の出し方 キャラクターの演じ分け、女性の泣きの声などをやりました 以前より言葉がクリアで伝わりやすくなってますので もうすこし響きをもって、演じ分けできるとよいかなと思います(♭Ц)

今日のトレーナーのメッセージ

息・発声ともに、余計な力みがなくなった「新たな姿」になっていました!普段や稽古などで「吐く息」に注目されたことは大きかったですね。口周りに入った力みが、脱力を意識するとすぐに緩んだこともまさに日々の取り組みの成果です。(♯α)

今日のトレーナーのメッセージ

次回も体の使い方、息の流し方を勉強していきましょう。 どの曲も、軟口蓋の中咽頭ではなく、上咽頭を上げて歌うのに最適な口の開け方を研究してまいりましょう。(♯Δ)

今日のトレーナーのメッセージ

チェンジがうまくできている音域は、mfロングトーン・スタッカートで、音質を、望に沿うように磨いていきましょう。(♭Ξ)

今日のトレーナーのメッセージ

コードを「ド」「ソ」と書いてきてみてください。いろいろな面からソルフェージュの力をつけていきましょう。(♭∴)

今日のトレーナーのメッセージ

舌根と軟口蓋を離した状態を保つこと、息で体が満たされ広がっていくようなブレスを心がけること、その広がった体を保つこと、その後に発声という流れを、十分な条件を満たせて行えるとしっかり聞こえています。 出てくる声は結果ですから、準備をしっかり行…

今日のトレーナーのメッセージ

声が落ち着いてきました。低い音の時は無理をしてし大きく出さなくても大丈夫です。小さくてもしっかり聞こえています。(♯γ)

今日のトレーナーのメッセージ

やっていく程に「Mi」の発音をものにしていっていますね。もしまた子音Mが重くなったとしても、次回もまた「弾んでいるように」を合言葉に整えていきましょう。(♭Ξ)

今日のトレーナーのメッセージ

急に低音に飛ぶ際の身体の使い方を研究しました。フレーズは分かれていても体の連続性をキープしましょう。つま先で足踏みすると掴めると思います。(♯∂)

今日のトレーナーのメッセージ

顎が上がり、首が筋張って、喉頭が引き上がって声枯れを引き起こしているようでしたので、脱力しながらハミングをするというメニューを加えてみました。脱力は体が覚えるのに時間がかかるので、日常生活の中でちょこちょこと行ってみるといいかもしれません…

今日のトレーナーのメッセージ

風邪や喉荒れの後は、弱い声で、早めにポイントに取り組んで、喉回りの回復を、促進させていきましょう。(♭Ξ)

今日のトレーナーのメッセージ

身体からの声が使えるようになってきましたね。これまでたゆまぬ努力を続けてこられた成果です。この調子で色んな曲にチャレンジしてみましょう。 ウムラウトについて整理しております。 aのウムラウト→日本語のエと同じ oのウムラウト→oの口の形でeを発音す…

今日のトレーナーのメッセージ

顎を下げた状態と口の中があくびの状態を保ちながら、背中やお腹が広がるようなブレスを丁寧にとる訓練を行いましたが、これらがうまくできている時、声がしっかりした状態で出せていましたし、余裕を感じました。 日常の中に時々リフレッシュの一環などでこ…

今日のトレーナーのメッセージ

顎を下げた状態と口の中があくびの状態を保ちながら、背中やお腹が広がるようなブレスを丁寧にとる訓練を行いましたが、これらがうまくできている時、声がしっかりした状態で出せていましたし、余裕を感じました。 日常の中に時々リフレッシュの一環などでこ…

今日のトレーナーのメッセージ

スタッカートは良い状態に整えることが出来ていました。レガートで声がスムーズに進んでいたのがその証拠です。次回はぜひ、音幅のある音型を使って実践していきましょう。(♯α)

今日のトレーナーのメッセージ

同じクオリティの声を、何時間も連続して出すためには、ポイントやお腹の使い方を、喉の変化や疲労に合わせて、調整しなければ実現しません。うまく、チャレンジしてみましょう。(♭Ξ)

今日のトレーナーのメッセージ

自分で思っていらっしゃる以上に上達しています。どんどん先へ進みます。(♭И)

今日のトレーナーのメッセージ

イの母音がオに近い発音で歌えるとよりいいなと思いました。そうすることでイが深くなるだけでなくほかの母音とフォームがそろってきます。(♭Σ)

今日のトレーナーのメッセージ

息が続かないことや途中から声が割れてくることの主な原因は、準備が間に合わず負のスパイラルに陥ってしまうことにあります。声を出す直前にフォームを作る一瞬の時間が取れるように早めにブレスを。そのタイミングを体に入れるために、ドラムに合わせて手…