ヴォイトレレッスンの日々  

ヴォイストレーニングに関わっている方と、ブレスヴォイストレーニング研究所のトレーナー、スタッフの毎日をとりあげていきます。

07)トレーナーのメッセージ

今日のトレーナーのメッセージ

P(小さく)のロングトーンからスタートしてクレッシェンドでF(大きく)までもっていき、デクレシェンドしてPで終わるというトレーニングを行いました。吸気と支えのバランスがとても重要なトレーニングです。(♭Σ)

今日のトレーナーのメッセージ

五線の真ん中のシは、そこから下だけなら楽だし、そこから上だけでも困らない、でも通過する時はしっくりこない嫌なポイントだと思います。今日はその攻略法をいくつか試しました。中でも大事なのは、嫌な音の一つ前の音を、逃げ腰にならずしっかり歌うこと…

今日のトレーナーのメッセージ

息のロングトーン・スタッカートも、日課として、取り組んでみましょう。(♯α)

今日のトレーナーのメッセージ

Haで俊敏なスタッカートを実践した後だと、メロディや歌詞がさっきより滑らかになり、テンポ感もゆとりが出ていました。曲を追いかけている感覚になるときには、この方法を取り入れると(状態を戻すのに)近道ですね。(♯α)

今日のトレーナーのメッセージ

どのポイントも、楽な綺麗な声で、自主トレしましょう。呼吸練習は、声の自主トレをしないときに、がんばりましょう。(♭Ξ)

今日のトレーナーのメッセージ

息で読むと体は疲れて、のどは疲れない、という感じになると思います。いい準備になります。速く大きく読むときは意識しないと遅く小さくなっていくので気づいたら気合を入れなおしましょう。(♭∴)

今日のトレーナーのメッセージ

コンクールということなので、伸び伸びと歌ってもらうことを目標にレッスンしました。 前回のレッスンでやった歌詞のイタリア語をしっかりしゃべる練習、とても進歩していました。よく練習してこられました。 コンクールは、自信を持って歌いましょう。(♯Δ)

今日のトレーナーのメッセージ

スケールの大きな曲を歌い上げるためには、声がしぼまないようにレガートで繋がることを意識されるといいです。(♯∂)

今日のトレーナーのメッセージ

ご自宅での自主トレを、ハミングでかまわないので、低音域も、繰り返し取り組んでみましょう。(♭Ξ)

今日のトレーナーのメッセージ

トレーニングはそのまま、sの息吐き普通と強めをやってください。なかなか練習できない日々だと思いますが、ここに来るだけでも一緒に発声、音取りできますので、楽しみながら続けていきましょう。(♭∴)

今日のトレーナーのメッセージ

声のクオリティがあがっています。カ行などは口の中がせまくなるので子音のあつかいに注意しましょう。サ行も同様です。母音の流れをしっかりと考えてフォームをきをつけてみてください。(♭Σ)

今日のトレーナーのメッセージ

歌いだす前にお休みがたくさんある場合は、早めに息を吸ってみましょう。息を吸うお休みが短い場合は、前の音を少し早くやめてしまうのもいいでしょう。(♯∂)

今日のトレーナーのメッセージ

コンクールまで、みっちりレッスンしていきましょう! 今日のレッスンでやった歌詞のイタリア語をしっかりしゃべる練習していきましょう。これができれば、70%仕上がります。(♯Δ)

今日のトレーナーのメッセージ

悲しい歌を歌うとき、大切なのは歌い手が悲しい顔をすることではなく、お客様に悲しいと感じてもらえることです。演奏する側は冷静に、一歩離れたところから眺める視点を持ちましょう。(♯∂)

今日のトレーナーのメッセージ

あくびやビックリした口をして、お腹から元気に発音すると、余分な力みがなくしっかりした声が出せていました。この感覚を大事にしていきましょう。(♭Ξ)

今日のトレーナーのメッセージ

前屈のときには、声の聴こえも「音程」さえも気にしなくて大丈夫です。前屈だと、実際よりも音の幅を狭く感じることになります。そして、立ったときにもその感覚(幅を広く感じない)に持っていきたいのです。ぜひ次回も再確認していきましょう。

今日のトレーナーのメッセージ

ハミングと息で、自主トレ不足を補い、母音で「喉の下・頭頂・首の後」で歌う練習を、繰り返してみましょう。(♭Ξ)

今日のトレーナーのメッセージ

寝て息吐きをトレーニングをするのはいい面もあるのですが、やりやすい反面、負荷が逆にかかりにくくなるので、座ってやることもおすすめです。(♭∴)

今日のトレーナーのメッセージ

コブシの部分で息もれが多いような気がします。ステージではなく自主トレでは息をもらさないようなトレーニングをやってみてもいいと思います。(♭Σ)

今日のトレーナーのメッセージ

歌い初めに、顔の前に温かい息が湧き出すのを感じてみましょう。それができていれば、息がうまく声に変換されます。(♯∂)

今日のトレーナーのメッセージ

前屈だと音程がフラフラせず、むしろしっかりと音を捉えています。実際に前屈の直後は、前屈前よりも音程が整っています。「前屈→立つ」を繰り返して、ぜひ感覚を馴染ませていってください。(♯α)

今日のトレーナーのメッセージ

今日は肋骨周りを使えるようにしていくために、たくさん動かしていただきました。ストレッチとともに、息を思い切り吐きその息に声を載せるという方法で自主トレをしてみてください。(♯β)

今日のトレーナーのメッセージ

片足になり、口の空間を広く保って、腰のあたりが広がるようなブレスを取り、お腹がしぼまないようにしっかりキープして、その後に発音とつなげていけると肩などの余分な力みが取れてきたようです。ブレスの練習などでこの感覚をつかみ、どんどん応用できる…

今日のトレーナーのメッセージ

音楽のイメージをつかむため、先に音楽を聴いて語ってみましたが、読むイメージが浮かんできましたでしょうか?(♯γ)

今日のトレーナーのメッセージ

音程が気になるところ、修正バッチリ!できていました。 声も伸びもあったし、丁寧に歌えていました。 合格です! よく勉強していらっしゃいましたね。(♯Δ)

今日のトレーナーのメッセージ

その曲がどんなリズムで書かれているかを把握すると歌いやすくなります。ワルツなので1拍目でステップが踏めるように(1拍目に乗るのが遅れないように)歌うように心がけ、裏打ちのポップなリズムを感じると、おどけた中に漂うペーソスがはっきりと浮かび上…

今日のトレーナーのメッセージ

カラオケ店が使えるようになるまでは、息とハミングを、しっかり活用していきましょう。(♭Ξ)

今日のトレーナーのメッセージ

片足だと歌いやすくなる(気がする)という実感を持てていらっしゃるのはとても良い感覚です。歌う人にとって、自分の身体は楽器のようなものです。ぜひご自身の身体を存分に使っていってください。(♯α)

今日のトレーナーのメッセージ

喉の疲れなどは、消極的に休んで治さず、積極的に栄養補給と適度な使用で、なるべく短期間で治すように、心がけましょう。(♭Ξ)

今日のトレーナーのメッセージ

歌うときにあまり水は飲まない方がのどにはいいです。唾液で潤しましょう。今日は喉を使いすぎた後にやる整理体操を紹介しました。また息や声を深めていきましょう。(♭∴)