ヴォイトレレッスンの日々  

ヴォイトレに関わっている方とブレスヴォイストレーニング研究所のトレーナー、スタッフの毎日をとりあげていきます。

07)トレーナーのメッセージ

今日のトレーナーのメッセージ

声のポジションを目のあたりにもってきて、低いポジションにならないように気を付けましょう。音を固めて歌わずに、お餅のように引き延ばして歌うイメージでレガートで歌うよう心がけてみてください。(♯β)

今日のトレーナーのメッセージ

せりふのほうでは高低を中心にしました が、高低を出すからと言って キャラの声の高さは変えないように気をつけましょう 低い音域のキャラと高い音域のキャラとの使い分け 切り替えについて 次回以降やってみましょう

今日のトレーナーのメッセージ

音域により、胸、頬、頭を響かせます。基本はお腹で支えることです。曲は長いですが、またやっていきましょう。母音と装飾音符の入れ方を一緒に考えていきましょう。(♭∴)

今日のトレーナーのメッセージ

最後に試して戴いたように、音の高低を水平方向で次の音が前の音よりも遠くにイメージできると、やりやすくなるのではないかと思います。 また徐々に試してみましょう。 楽器がしっかりと鳴っている時の声は、とても素晴らしく聞こえています。 曲もどんどん…

今日のトレーナーのメッセージ

一度、録音して自分の声を聞いてみましょう。新たな発見が必ずあります。それから朗読しながら、聞いている人をみましょう。(♯γ)

今日のトレーナーのメッセージ

目の前に音を置くイメージを明確にするために手でサンドイッチを掴むように目の位置に置いていただきました。「喉の奥をがぱっと開けて、耳抜きしたくなる感じ」で歌ったら高い音がうまく頭声でキープできたようです。(♯β)

今日のトレーナーのメッセージ

歌いづらさを感じる時には顎が硬くなっているようにお見受けしました。顎を指で軽くつまんで揺らしながら歌うと、声が楽に鳴る顎の位置が分かると思います。 風邪の治りかけには無理に練習はせず、する場合も軽い練習(zzzzで歌うなど)をお勧めします。(♯∂…

今日のトレーナーのメッセージ

喉の位置から発音のポジションを上げずに「ギ」を使って発声する訓練を行うと、徐々に楽器が鳴りやすくなってきたように思います。 音域的にはファの付近から徐々にポジションが浮きやすくなっているのですが、ポジションを浮かせずに発音することに慣れると…

今日のトレーナーのメッセージ

発声も朗読も「顎を下ろす」が不自然なときは、その直前のブレスが邪魔をしていたという事実は大きな気づきです。(以前から感じていたとは言え、明確にそれを他者に伝えたという意味で。)「吸わなきゃいけない」という感覚を、ぜひこれからは少しずつでい…

今日のトレーナーのメッセージ

低音域は、なるべくガラつかないように、うまくコントロールしていきましょう。 低音域はロングトーンで、中音域はスタッカートで、チェンジをしっかり強化していきましょう。(♭Ξ)

今日のトレーナーのメッセージ

朗読をより説得力の有るものにするための研究をしてください。(♭И)

今日のトレーナーのメッセージ

トレーニング中のイメージをもっと大切にしましょう。あなたが立ったことのあるホールや劇場の客席の一番うしろの壁に向かって言葉をしゃべっていくイメージです。どんなメソッドでもこのイメージがないと本番などでうまくいかなくなります。(♭Σ)

今日のトレーナーのメッセージ

息がしっかり吐けるようになってきました。余裕があれば、sで息を強く吐くトレーニングと、何か(小説、戯曲、詩など)音読の時間を取ってください。(♭∴)

今日のトレーナーのメッセージ

リップロールでは唇の震えが減る(=息が停滞しそう)のを感じる、発声では高音域で頭が動きそうになるのを感じる、これらはとても微細な変化の兆しを察知できているということです。また実際に変化が起きる前に対処できていたのも素晴らしかったです。(♯α)

今日のトレーナーのメッセージ

「息を吸う」と「声を出す」というベクトルの異なる動作の間には「ためる」という作業があります。キャッチボールの動作で考えると分かりやすいと思います。「ためる」は上達すれば一瞬でできるようになるのですが、迷いがあるうちはゆっくり時間をかけてや…

今日のトレーナーのメッセージ

音域が上がって行ったときに、発音のポジションが高くならないと、より骨太で輝かしい音色の声に聞こえています。 また、「イ」の母音で口が横に引っ張られないようになってくると、より素敵になってくると思います。(♭Я)

今日のトレーナーのメッセージ

聞く相手を常に意識して読んでいきましょう。短編ですが、子供にストレートに響くことが大事です。せりふの読む速さが工夫さるてとてもよかったです。(♯γ)

今日のトレーナーのメッセージ

「ガ行」をできるだけ遠くでハッキリと喋るように心がけて戴くと、楽器がしっかりと鳴って聞こえるようになってきました。 声を大きく出すことや、勢いをつけるということではなく、ハッキリと発音するというイメージを大切にしていただくと、楽器が鳴りやす…

今日のトレーナーのメッセージ

「顎を動かす」を試みた途端に、顎周りの頑張りが解放されてきたのはとても良い取り組みでした。テコでも動かないのではなく、短時間で力みを緩められる状態であることにぜひ喜んでください。(♯α)

今日のトレーナーのメッセージ

声の自主トレも、なんとか実施できるように、うまく取り組んでいきましょう。また、ご自宅などで、普通の大きさでの自主トレも、無駄にはならないので、取り組んでいきましょう。(♭Ξ)

今日のトレーナーのメッセージ

感情を如何にコントロールするかも演者の必須項目です。一度しっかり解放して下さい。(♭И)

今日のトレーナーのメッセージ

いったんピアノPの強弱記号は無視して、好きな音量で歌っていきましょう! 今日のレッスン、前回のレッスンよりもとても曲に慣れてきたように思います。軽く歌えてるようになってきました。ロングフレーズの部分も、息のコントロールが安定してきました。(♯…

今日のトレーナーのメッセージ

高い音になると身体が浮くのは、ダメだとは言いませんが(ちゃんと上下に引っ張る力が働いていればOKです)、ピョコピョコ動くのは発声上の効果がないので、前にパワーを流す方向で作っていきましょう。(♯∂)

今日のトレーナーのメッセージ

基本の復習を意識してみてください 姿勢、呼吸、口の開け方 これらが発声時に力まないように できると伸びやかな声につながっていくと思います(♭Ц)

今日のトレーナーのメッセージ

声に関しては、良い響きにまとまっています。息のトレーニングをしてパワフルな声にしていきましょう。歌は、長いフレーズをどう処理するかがポイントです。何度も音読し、フレーズを練ってみましょう。(♭∴)

今日のトレーナーのメッセージ

口形を明確に行えるように慣れましょう。 「オ」と「ウ」で開き方に差が無いと、どの発音をしているのか区別がつきにくくなります。 鏡に映せば一目瞭然ですので、ぜひ、実際の開き方を視覚的に意識して慣れていきましょう。

今日のトレーナーのメッセージ

息も流れていて、いい声でした。高い音は力まないように。コンコーネ、よく歌えていますが、構成を意識すると発見があります。イタリア歌曲の新しい曲も、長い曲ですので構成を意識して練習しましょう。また一緒に取り組んでいきましょう。(♭∴)

今日のトレーナーのメッセージ

いろんな速度を求められても、ちゃんと聞き手に違いが分かるくらいに読み分けができています。つまり、読みながら自ずと息のコントロールをしていたということです。「ゆっくり読む」ことを通して確実に感覚の幅が広がってきたと思います。(♯α)

今日のトレーナーのメッセージ

今日は頭声(地声、胸声に対しての用語)の練習を行いました。あくびの感じで息を頭の上に抜けるかのようなイメージで「ハー」と息を吐いていただきましたら上のドまで軽々と出ていました。少しずつ練習して取り入れてみてください。胸声と頭声では声帯の使…

今日のトレーナーのメッセージ

「あくびの練習」に頻繁に取り組んで、「軟口蓋」(あくびの口)の発声も、磨いていきましょう。(♭Ξ)