ヴォイトレレッスンの日々  

ヴォイストレーニングに関わっている方と、ブレスヴォイストレーニング研究所のトレーナー、スタッフの毎日をとりあげていきます。

07)トレーナーのメッセージ

今日のトレーナーのメッセージ

新しい曲を知って歌ってみよう!という目標で、譜読みもかねてレッスンしていきましょう。練習時間の確保は気になさらないで、レッスン室では伸び伸び歌っていきましょう!(♯Δ)

今日のトレーナーのメッセージ

後半は喉が疲労した感はありましたが、発声は息が良く流れていてとても響きのある声でした!その声でぜひ曲も歌ってみたいですね。(♯α)

今日のトレーナーのメッセージ

歌い出しからとてもインパクトがあり、フレーズもつながって聴こえました。歌い手の「歌いやすい」感覚と観客の「聴きやすい」が一致するのは嬉しいことです。素敵な舞台となりますように!(♯α)

今日のトレーナーのメッセージ

セリフのように喋る部分とのびやかに歌う部分の対比が必要な曲です。喋る部分の分量が多くて大変なので、これは是非上手い人の演奏を聴いて一緒に喋る練習をしてみて下さい。(♯∂)

今日のトレーナーのメッセージ

感情をブレスで表現できると、自然な息の取り方になり、力みにくくなると思います。また、感情が分かりやすくなり、声も頑張りすぎなくて済むので、結果的に声が出しやすくなっていくと思います。(♭Я)

今日のトレーナーのメッセージ

情景や人と人との距離感が大切になってきます。また、独白なのか誰に向かって言うセリフなのかも考えると良いと思います。勿論、間の取り方は最重要です。(♯γ)

今日のトレーナーのメッセージ

イやエはドイツ語のウムラウトを意識すると出しやすくなります。喉の位置が日本語と違い低くなるので深い声がだしやすくなりますよ。レガートで歌えるようになったのでとてもよくなったと思います。(♭Σ)

今日のトレーナーのメッセージ

日本は、古くは中国から、近年は欧米からの影響を大きく受けました。そのために翻訳による知識の導入、それは読み書きが中心となり、日本語という言語を特殊に発達させてきたのです。 日本語は文字に複雑ですが、音声にはシンプルです。音声での言論である対…

今日のトレーナーのメッセージ

今日の曲も同じ課題があげられます。特に「あ」の母音は要注意です! 歌詞の母音は歌舞伎役者のようにつなげて歌います。引き続き母音を繋げて歌うこと、口腔内の空間の維持など。効率的に歌う技術を活かしてやりましょう!(♯Δ)

今日のトレーナーのメッセージ

母音をつなげるように歌うことに執着してみてください。いい声を持っていても、途切れ途切れにしか鳴っていないとメロディーラインがはっきりしません。無遠慮なぐらいが丁度いいと思って、声を前に飛ばすことを意識しましょう。(♯∂)

今日のトレーナーのメッセージ

スタッカートは、毎回、たっぷり息を吸って、少し息を止めてから、声を出すようにしましょう。(♭Ξ)

今日のトレーナーのメッセージ

舌の調音点を意識して読んでいただきました。さらに表情筋を引き上げたり、唇をすぼめたりして音声を作っていきました。軟口蓋はテンションをかけて高く張っていただきたいのですが、なにか苦いものや酸っぱいものが口に入ってきたときの緊張感を思い出して…

今日のトレーナーのメッセージ

イタリア人がイタリア語をしゃべっているところで発音しながら歌ったいてとき、声がよりしっかり聞こえて輝かしく、特性を活かした声に聞こえました。この感覚を大事にできると、持ち味の良さを活かせると思いますので、ぜひ大事にしていきましょう。(♭Я)

今日のトレーナーのメッセージ

声のトーンや速さで情景を表現しましょう。 セリフも心の中のものや人に向かって言うもの、登場人物の立場、年齢など表現の仕方を工夫するといいと思います。(♯γ)

今日のトレーナーのメッセージ

カンツォーネなどを歌う際には、一拍目の強拍部分を強く歌わずフレーズを流すように歌ったほうが声のためにも音楽のためにもなります。それがレガートの基礎となっていきますよ。(♭Σ)

今日のトレーナーのメッセージ

壁にもたれて歌う練習をしましょう。もたれずにまっすぐ立つ感覚と、もたれて立つときのまっすぐの感覚にはズレがあると思います。壁にもたれて立っているときの体の使い方に近づけていってください。(♯∂)

今日のトレーナーのメッセージ

子音を中心に進んだので口の形、口の中の使い方、舌の位置、使い方などなかなか難しいところですが、困ったときにロジックとして戻ってこれるので戻って復習できるようにしましょう。(♭Ц)

今日のトレーナーのメッセージ

「歌おう」と思わない方がいい声が出ます。高い声を出そうと少し無理をしたときに、今はいい感じで体が使えています。sの息吐きをおうちでも続けてみてください。深い声で聴かせる歌手になりましょう。(♭∴)

今日のトレーナーのメッセージ

普通の話し声を、もっと前に出すことを、常に意識するようにしてみましょう。(♭Ξ)

今日のトレーナーのメッセージ

新しい曲を知って歌ってみよう!という目標で、譜読みもかねてレッスンしていきましょう。練習時間の確保は気になさらないで、レッスン室では伸び伸び歌っていきましょう!(♯Δ)

今日のトレーナーのメッセージ

巻き舌は時々できているので、どういうときにできていて、どういう場合にダメだったのか研究してみて下さい。例えば、後にくる母音が問題なのか、息の強さが問題なのか、音の高さが問題なのか、です。フランス語の喉で作るrがとても綺麗ですので、そのくらい…

今日のトレーナーのメッセージ

大きな声で自主トレできるようになるまで、息のロングトーン・スタッカートも、活用しましょう。(♭Ξ)

今日のトレーナーのメッセージ

息吐きの後に声を載せるときはまず声のことを忘れて、息のクオリティに気を付けて行いましょう。 ろっ骨 背骨を伸ばしながらフレーズを歌っていただくと体と声がつながって歌えていらっしゃいました。(♯β)

今日のトレーナーのメッセージ

胸の振動を感じられるような部分でしゃべる状態をベースにできると、歌ったときにもしっかりした声で輝かしい声になると思います。この感覚を大事にしましょう。曲も徐々に良くなってきています。ところどころ伸ばしやすくなっている部分があるので、注意し…

今日のトレーナーのメッセージ

新しい音楽劇に入りました。声を出すことはとても良いことだと思います。 登場人物が多くいます。それぞれの年齢、性別、立場を意識しながら読んでいきましょう。(♯γ)

今日のトレーナーのメッセージ

声の留めをメインにレッスンしました。息を漏らさないトレーニングです。ホースで水をまくときに先を摘まむと水が遠くへ飛びますが、その摘まみの状態を体でおこなうトレーニングです。 (♭Σ)

今日のトレーナーのメッセージ

カラオケが再開してなによりです。声が元気になると本当に聴こえが違いますよね。とても良い取り組みでした。(♯α)

今日のトレーナーのメッセージ

PM2.5も、うまくケアしながら、低音のスタッカートも、忘れずに取り組みましょう。(♭Ξ)

今日のトレーナーのメッセージ

選ばれるために、トレーニングはあります。表現と、基礎力(発声、リズム)を深めていきましょう。(♯β)

今日のトレーナーのメッセージ

英語の曲を選べば、舌が英語に慣れた状態でキープできますね。この間に、ディクションのテクニックを上げていきましょう!歌詞の母音は歌舞伎役者のようにつなげて歌います。引き続き母音を繋げて歌うこと、口腔内の空間の維持など。効率的に歌う技術を活か…