ヴォイトレレッスンの日々  

ヴォイストレーニングに関わっている方と、ブレスヴォイストレーニング研究所のトレーナー、スタッフの毎日をとりあげていきます。

07)トレーナーのメッセージ

今日のトレーナーのメッセージ

声のクオリティがあがった一年でしたね。この一年で声門閉鎖や仮声帯の開閉の訓練など様々おこないましたが結果的に声の基礎力が上がった一年だったように思います。(♭Σ)

今日のトレーナーのメッセージ

やや高音域に、声がシフトしていました。充実した低音域の復活を、「喉の下」などを大いに利用して、がんばりましょう。(♭Ξ)

今日のトレーナーのメッセージ

クレッシェンドをスピードを変えながら上手く使いましょう。フレーズのながれや高い音の時に役立ちます。(♯γ)

今日のトレーナーのメッセージ

息をしっかり肋骨の中で保持し、体でキープできていると、とてもいい支えが作れていらっしゃいました。支えが作れないときは喉や首のあたりの力みで息を支えているように見えましたので、ぜひ、息止めのトレーニングをほどほどに行ってみてください。息を吐…

今日のトレーナーのメッセージ

「てにをは」が強くならないように引き算をしましょう。その代わり、表現したい部分をプラスにします。そのプラスのやり方ですが「強くしよう」と思わず、息をたっぷり使うとしてみて下さい。(♯∂)

今日のトレーナーのメッセージ

口の中は驚いたりあくびの時のような舌根が下がった状態を保ち、ブレスをゆったり落ち着いてとったら、あとは全身でオーバーなアクションをとるようなイメージを大事にすると、結果的に声が素晴らしくなりました。声のことを考えすぎず、声に対する意識をも…

今日のトレーナーのメッセージ

高い声が出るようになってよかったです。おなかで支える力がつくといいと思います。よく体の動きをチェックしましょう。息吐きのトレーニングの時は、お腹以外の肩とか首は動かないようにしましょう。(♭∴)

今日のトレーナーのメッセージ

ご自分の声は、喉で感じて、いつもの自主トレ場所では、耳でよく聴くようにもしましょう。(♭Ξ)

今日のトレーナーのメッセージ

口をあまりあかなくても、喉の奥を開けることを意識して声をだしていきましょう。深呼吸するつもりでブレスをします。喉の奥が冷たく感じられればさらにいいです。(♯γ)

今日のトレーナーのメッセージ

舌根を下げるということは喉の開きに連結します。日本語は舌根があがりやすいので違和感があるのは仕方ないかもしれません。しかし、今日頑張って喉を開けることができたので高い音が安定して出るようになりました。今日の感覚を大事にしてください。(♭Σ)

今日のトレーナーのメッセージ

「難しい」と口に出すと、物事は本当に困難になります。口にした言葉に引っ張られるからです。思ってしまうのは仕方ありませんが、ネガティブな言葉はなるべく発さないことをお勧めします。(♯∂)

今日のトレーナーのメッセージ

鼻腔のお話しました 気にしすぎず楽しみながら声を出してみてください 時々、そういう意味なんだと理解できたらいいかなと思います 来年は鼻腔からの響きのことなどまた新しいことと 基礎練習をがんばりましょう(♭Ц)

今日のトレーナーのメッセージ

軟口蓋を上げたときに喉、肩、首を固くしないように気を付けましょう。使う筋肉は軟口蓋の周りだけと認識しましょう、今日は特に口を横に引かずに唇を寄せて使って、口を縦に開けるようにして練習していただきました。(♯β)

今日のトレーナーのメッセージ

口の中を空けることと、肋骨を持ち上げることだけを意識して、無理に胸に響かせようとするのは、やめましょう。(♭Ξ)

今日のトレーナーのメッセージ

いろいろな目標があっていいとは思います。少しずつやったら少しずつ良くなる、ではなく、変わるタイミングの時に一気に変わります。(♭∴)

今日のトレーナーのメッセージ

朗読は、構成がよく考えられていてよかったです。技術としては、母音から始まる際に息が止まらないようにすることや、(前後の関係性を出すために)持ち上げるように提示してお腹でキープすることをやっていただきました。(♯∂)

今日のトレーナーのメッセージ

「脱力」は、息もたくさん混ぜて、声にならなくてよいので、しっかりと喉回りを、脱力しましょう。

今日のトレーナーのメッセージ

強くを1回やり、普通を3回やり、強くを1回やる。これを1セットにして、一日3セットやるようにしてください。自分の体調に合わせて変えてもらってもちろんかまいません。またリズムの練習をしましょう。(♭∴)

今日のトレーナーのメッセージ

曲は3曲とも高くて大変だと思いますが、声や音を気にせず、フォームや体の感覚を大事にできると、聴いている側には素敵に聞こえました。歌う側は体力が必要なので大変だと思いますが、ぜひ、しっかり体を使って慣れていきましょう。(♭Я)

今日のトレーナーのメッセージ

発声練習の時、柔らかいとてもよい声がでています。これがすべてに生かせるといいですね。一つずつ良い声を増やしていけばいいのです。(♯γ)

今日のトレーナーのメッセージ

ブレスで胃をさげるイメージをもちましょう。そうすることで肩や胸が上がらず上半身の力みが軽減されます。そして支えが深くなっていくのでトレーニングとして取り入れてみてください。(♭Σ)

今日のトレーナーのメッセージ

頑張らずに高い音を出す方法を試していただきました。しっかり息が吐けるようになってきましたので、正しいフォームと軽い力で声が出るのです。日頃努力されている成果ですね。(♯∂)

今日のトレーナーのメッセージ

曲は母音で練習して、母音ごとのバラツキを、減らしていきましょう。

今日のトレーナーのメッセージ

お仕事大変とのこと。その時その時で人生いろんなことがありますが、経験が全部舞台に生きてきますから長い目で見て頑張っていきましょう。(♭∴)

今日のトレーナーのメッセージ

なかなか声を出す機会がないでしょうから、少し歌うと声の消耗が前より感じやすいでしょう。歌い続けていくことが最大の防御ですからお風呂などで鼻歌でも良いので声出していきましょう。(♯Δ)

今日のトレーナーのメッセージ

歌の歌詞を、歌う通りのリズムに合わせて読んでみました。伸ばす音で声が揺れないよう、息を流す感覚を手を動かしながらつかむといいです。歌詞を朗読することです。景色や心象が見えるよう、緩急や強弱、間のとり方などを工夫してみて下さい。(♯∂)

今日のトレーナーのメッセージ

口の中は舌根が上がってこないように気をつけて、ブレスをゆったりと深い部分に届けることと、お腹を少し踏ん張ること、発音の位置を下腹部にイメージして行えると、声がよりしっかりしてきました。司会のトレーニングでも、この感覚を大事にできると、より…

今日のトレーナーのメッセージ

通常の声門閉鎖、仮声帯の開閉の訓練にプラスして舌根を下げる訓練、喉頭を上下させる訓練を行いました。緊張をほぐして柔軟に声をだすためのトレーニングですので今後もトレーニングに追加してみてください。(♭Σ)

今日のトレーナーのメッセージ

とてもよくなっています。その上で、リズムはとても大切です。リズムをうまく伝えるのがヴォーカルの役割です。聴くときも伴奏のリズムに注意を払ってみましょう。(♭∴)

今日のトレーナーのメッセージ

「手首を振る」は身体の踏ん張りが増す方法です。なので「手首を振ると歌いやすい。サビで(振りが)弱くなると歌いにくい」と言う感覚は上手く実践できている証拠です!(♯α)