ヴォイトレレッスンの日々  

ヴォイストレーニングに関わっている方と、ブレスヴォイストレーニング研究所のトレーナー、スタッフの毎日をとりあげていきます。

07)トレーナーのメッセージ

今日のトレーナーのメッセージ

基礎の発声のときは体を動かさないようにしましょう。歌は入りやすいが奥が深く、一生追求するに値するものです。一緒に頑張っていきましょう。(♭∴)

今日のトレーナーのメッセージ

の子音でお腹の底から一筆書きのように練習すると、体と連携取れやすくなり、この感覚を活かして「オ」で練習していただくと、しっかりした声で発声できていました。その結果、音域が上がっても、体で支えられた声になっており、出しやすく感じたと思います…

今日のトレーナーのメッセージ

喉の奥を開けることを意識するだけで、声の響きがまったく違います。声をだすときも出しやすいと思います。(♯γ)

今日のトレーナーのメッセージ

音型やその曲の旋律に合わせて身体をうねらす(揺らす?!)感覚も、意識すればパッと収まりましたね。今後は、自分の身体はどっしり・声は自由に動く、という感覚にもっていきましょう。(♯α)

今日のトレーナーのメッセージ

高い音を持ち上げて歌うことを改善するようアドヴァイスしました。そのまま真っすぐに声をだすことをトレーニングしていくと高音域でも喉が上がらないようになっていくので気を付けてみてください。(♭Σ)

今日のトレーナーのメッセージ

新しい曲を知って歌ってみよう!という目標で、譜読みもかねてレッスンしていきましょう。練習時間の確保は気になさらないで、レッスン室では伸び伸び歌っていきましょう!(♯Δ)

今日のトレーナーのメッセージ

英語で歌うのは毎回一行ずつ一緒にやりましょう。日本語で使わない口の動きがでてくるので、体操だと思って気楽に取り組んで下さい。(♯∂)

今日のトレーナーのメッセージ

人と比較せず、自分の芸術を大事にしましょう!口を開いて少し寄せるイメージがあると、声が出しやすそうでしたし、苦手に感じている部分も読みやすそうでした。(♭Я)

今日のトレーナーのメッセージ

発声はよくなっています。そのフォームのまま、深さとヴォリュームのある声にするには、息を強く吐けるようにすることが必要です。息を吐くトレーニング(強く一定に吐き、少し止めてから緩める。)またシャボン玉を小さいのを作れるようになってください。…

今日のトレーナーのメッセージ

大変だったと思いますが、口が開いた状態を維持して、壁に寄りかかって練習した時のような体の使い方で発声できると、とても素晴らしく聞こえています。(♭Я)

今日のトレーナーのメッセージ

今日も高い声が良く響いていて、とてもきれいにでていました。その調子です。次回手鏡で喉の奥を見て確認しましょう。(♯γ)

今日のトレーナーのメッセージ

音型が上がる(曲中では高音がある)ときに「顎を戻す」ことを意識する、これがとても上手く実践できていました!顎が上がらずに発声したときの感覚を、ぜひ身体に馴染ませていきましょう。(♯α)

今日のトレーナーのメッセージ

以前に比べて体幹がしっかりしてきましたので、あまり動かなくても歌えるようになってきましたね。筋トレ方法などもありますが、やはり歌うための筋肉は歌うことで養うのが一番です。ひと回り大きな体になったつもりでおおらかに息を吸って吐いてみましょう…

今日のトレーナーのメッセージ

今日は姿勢猫背にならないようにと 声が出やすくするために ちょっと鳩胸やってみてます 胸につけた目で45度くらい上をみていきましょう(♭Ц)

今日のトレーナーのメッセージ

高い音のコーラスを入れるとのことでしたので、高音は口の中に卵を一つ入っているようなスペースを保つよう心がけましょう。上下唇のあいだを手で押さえて口を縦にすると構えやすいです。さらに高音の伸ばしは、しかるべきところまで拍をカウントしながら伸…

今日のトレーナーのメッセージ

声はしっかり鳴っているので、これ以上声の鳴りに頼りすぎず、丁寧に歌えると素敵になると思います。基本はPの位の強弱だと思って、やってみるとちょうどいいかもしれません。曲では、口を動かしすぎず、発音の位置を後ろに感じて、片足立ちで練習すると、滑…

今日のトレーナーのメッセージ

声が深くなっていて驚きました。高い声はあまり無理して出そうとしないように。大きい四拍子を指揮しながら速めに歌うのはとっても大切な練習です。サビの直前微妙に暗くなるコードの音程は正確に。サビがまた明るくなるのが素敵。サビの一言目は言い切る。…

今日のトレーナーのメッセージ

なかなか声を出す機会がないでしょうから、少し歌うと声の消耗が前より感じやすいでしょう。歌い続けていくことが最大の防御ですからお風呂などで鼻歌でも良いので声出していきましょう。(♯Δ)

今日のトレーナーのメッセージ

生身の人間の体は常に同じコンディションというわけには行きません。いまいち調子が乗らないとき用の対策もいくつか用意しておきましょう。今日やったハミングで響くところを使う発声は、低調なときにも使えると思います。(♯∂)

今日のトレーナーのメッセージ

「もやっとしたエ」で、口の中を空ける練習を、してみましょう。(♭Ξ)

今日のトレーナーのメッセージ

トレーニングは、sを普通の強さで一定に吐くこと、息を「ふー」と吸って吐くこと、を続けてください。今日は滑舌と表現で短い分をざっと読んでいきました。(♭∴)

今日のトレーナーのメッセージ

間の取り方は最重要ですが、対人関係や位置、場面をさらに考えながら読んでいきましょう。今日の場面は場面を聴くひとに想像させるように語ることが必要です。セリフのスピードは良かったです。(♯γ)

今日のトレーナーのメッセージ

高音域を子音の力でだすのではなく支えを駆使してだすことを覚えていきましょう。体を駆使してといってもいいと思います勢いではない音の扱いになれていきましょう。(♭Σ)

今日のトレーナーのメッセージ

頭声だけで喋っていると喉の負担が少ないように思えますが、実は声帯の消耗が早いです。年を取ると声が出なくなったりします。きちんと胸声も混ぜて使うようにしていきましょう。方法は、前に向かって息を吐くことです。後ろや上ではなく、前です。(♯∂)

今日のトレーナーのメッセージ

「手首を振る」は、手首を回すつもりで行うと上手く実践できていましたね。力みが抜ける→支えが増える→歌いやすくなる、これを体感されて何よりです!(♯α)

今日のトレーナーのメッセージ

軟口蓋を張って持ち上げて発声すると、音の響くスペースが確保でき、口の中の筋肉をしっかり緊張させて発音することで、よりクリアな音声が出せるというメリットがあります。声のトレーニングには必須のトレーニングですので、ぜひ軟口蓋の使い方に慣れてい…

今日のトレーナーのメッセージ

歌いはじめの3音だけで構わないので、意地でも繋げて歌う練習をしてみて下さい。必ずその後もうまく行くので、とても効果的な練習法です。(♯∂)

今日のトレーナーのメッセージ

口が縦に開くこと、発音の位置を後ろに感じること、片足で重心を保つことを心掛けると、力まない声が増えてきました。声や音よりも、視覚や体感を目安にしていきましょう。(♭Я)

今日のトレーナーのメッセージ

鼻声はあとほんの少しですし、春頃から比べたら本当に元気に歌えるようになって良かったです。今回の面接に限らず、今後に向けてぜひレパートリーを増やしていってください!(♯α)

今日のトレーナーのメッセージ

発音を前にださず軟口蓋あたりで軽くしゃべるよう気を付けてください。子音の力で高音をだすのではなく子音は添える程度で体のバランスで高音をアプローチしましょう。(♭Σ)