ヴォイトレレッスンの日々  

ヴォイトレに関わっている方とブレスヴォイストレーニング研究所のトレーナー、スタッフの毎日をとりあげていきます。

07)トレーナーのメッセージ

今日のトレーナーのメッセージ

次回はピアノを使って音を取ってよいです。ただピアノは伴奏は「ド」か「ソ」を弾くようにしてください。(♭∴)

今日のトレーナーのメッセージ

以前よりテンポが上がってますが、歌えるようになってきました。 どんどん良くなりますね。後半部分の音の執着がもっとあれば、音が流れなくて正確に音程がキープできそうです。次回はその練習をします。 後半部分でブレスの場所とメロディーの跳躍の部分を…

今日のトレーナーのメッセージ

手を叩きながら歌う練習は想像以上に効果的で、声からモヤモヤした曖昧さがなくなりました。ご自宅での練習にも取り入れましょう。(♯∂)

今日のトレーナーのメッセージ

歌詞を読むトレーニングをしているのがわかります。情景が伝わるようになってきました。声を深くしていくのはもちろんですが、気になるのは音程です。次回は今日の曲をドレミでゆっくり歌ってもらいます。ドレミでゆっくり練習してください。(♭∴)

今日のトレーナーのメッセージ

初めて見る楽譜で弾唄いが出来るようになられた事をとても嬉しく思います。(♭И)

今日のトレーナーのメッセージ

少しづつ言葉がついてきましたね。Wやsなどドイツ語の特徴である言葉を大事に発音し歌っていきましょう。今日レッスンした部分は、発音やリズムが難しいのですが美しい旋律で感動する部分です。(♯γ)

今日のトレーナーのメッセージ

声は悪くないですが、声が裏返ってしまうのを改善していきたいですね。首、胸が固くなってしまうので動きながら歌ってみてもいいと思います。力まないフォームでの訓練がいいのではないかと感じました。(♭Σ)

今日のトレーナーのメッセージ

語尾や助詞などが強く出過ぎないように歌っていただきました。そこで引っ込めようと思うと声が詰まってしまいますので、息は前に流したまま速度を制御するつもりでコントロールしましょう。(♯∂)

今日のトレーナーのメッセージ

高音域のチェンジは、お仕事ではあまり出てこないので、少しずつ安定していくように、自主トレのときは、いつも気にかけていきましょう。(♭Ξ)

今日のトレーナーのメッセージ

跳躍の部分は滑らかに歌えるようになってきました。 次回も体の使い方、息の流し方を勉強していきましょう。 次回のレッスンまでに2点。意識して練習しましょう! ・胸を開くこと ・首が前に出すぎないこと(♯Δ)

今日のトレーナーのメッセージ

日本語の「ん」の発音には、口を閉じる場合と口を開けておく場合の二種類があります。「神妙」「建ぺい率」「難波」のように、「ん」の次に[m]や[p]や[b]といった口を閉じる子音が続く場合のみ「ん」で口を閉じます。それ以外では口は開けたままで構いません…

今日のトレーナーのメッセージ

一生懸命取り組んでくださって、改善されてきているところが増えてきました。 ゆったりとした深いブレスと、ブレスで開いた体を支えることを心がけ、声の出力を65%くらいを超えないように気を付けていただくと、徐々に力みから解放された状態になっていき…

今日のトレーナーのメッセージ

「SaSaSaSa」の直後に読むと、一瞬で声がはっきりしました!そのはっきりした声を、第一声から出るようにしていきたいですね。「つま先・かかとで歩く」もぜひ日常生活に取り入れてみてください。(♯α)

今日のトレーナーのメッセージ

曲の高音域を、日本語の「エ」と、「ア」に近い「エ」の両方で、ロングトーンで整えてみましょう。(♭Ξ)

今日のトレーナーのメッセージ

声が落ち着いてきました。響きがとても綺麗になりました。子供たちの詩、心にぐさっときました。(♯γ)

今日のトレーナーのメッセージ

「しなければいけない」が多すぎるように感じました。「したい」をもっと優先させてもいいのではないかと思います。シャウトしても動きながら歌っても構わないと思います。(♭Σ)

今日のトレーナーのメッセージ

声帯という小さな楽器だけで声を出すのには限界があり、無理をするとすぐに声がカサカサになります。でもしっかりした息や他の筋肉の助けがあれば、声帯の負荷が減り、サステナブルに声が使えるようになってきます。(♯∂)

今日のトレーナーのメッセージ

手を伸ばす動き(=音の距離感を計る)を整えることも機敏に対応できていました。旋律を引かず伴奏だけになって躊躇する感覚があっても、上記の取り組みの助けとなり、聴き手にはその躊躇感はかなり減ったように感じられました。(♯α)

今日のトレーナーのメッセージ

リズムが大切です。音楽は自然に盛り上がっていって終わります。耳を鋭敏にしていきましょう。リズムと音程を自分の耳で聞き分けられるようにしましょう。初めは大変だと思いますが、楽器を使わないで楽譜を読む練習をしてみましょう。(♭∴)

トレーナーのメッセージ

曲では、「イ」の母音で口の中を縦に保てると良いですね。また、音の高低で声のポジションが変わらず一つの流れの中で進めることができると、より素晴らしくなると思います。(♭Я)

今日のトレーナーのメッセージ

今日はノドの調子が今一だったので、なかなか大変だったと思います。休ませるのも修行の一つです。(♭И)

今日のトレーナーのメッセージ

発声練習の中でも、お伝えしたよい感覚が定着、そして少し自分のものになりつつありますね。とてもよい傾向です。 次回からもこの調子で頑張りましょう。 どの曲も、軟口蓋の中咽頭ではなく、上咽頭を上げて歌うのに最適な口の開け方を研究してまいりましょ…

今日のトレーナーのメッセージ

吸ったら吐く。それだけのシンプルな繰り返しが滞ると、途端に歌いづらくなります。高音を裏声だと思わず、表に出してみましょう。 アーティストが高音を軽々と歌っているのは、決して息を止めてやっているのではありません。失敗してもいいから息を前に吐き…

今日のトレーナーのメッセージ

「首の後」は、あまり高い位置にならないように、気をつけましょう。mfスタッカートは、綺麗な声が出せるように、微調整していきましょう。(♭Ξ)

今日のトレーナーのメッセージ

身体の働きが増える効果的な方法です。日常にはない動きなので、代わりに「つま先・かかとで歩く」というエクササイズをぜひ取り入れてみてください。(♯α)

今日のトレーナーのメッセージ

舌根と軟口蓋を離すことや、声や息の通り道を固めないイメージを大事にすると、より輝かしく聞こえていました。 また、曲では、歌詞を語るイメージが、歌うイメージよりも勝っている方が、結果的に歌いやすそうでした。(♭Я)

今日のトレーナーのメッセージ

一般に音符が細かいところは時間を少し使って丁寧に歌います。長い音符は楽に歌いましょう。(♭Я)

今日のトレーナーのメッセージ

声を体から離して前に出すことをメインにアドヴァイスしました。口の中や上の方向に声が止まってしまうことがあるので、まっすぐに声をだすことをトレーニングしてください。お腹を使うことを忘れない様に。(♭Σ)

今日のトレーナーのメッセージ

試しにわがままな子どものように声を出してみて下さい。予想以上に大きな声が出るので少し引っ込めたくなると思います。でもそこを引っ込めないで、お腹を使って支えてみましょう。使える声が広がっていきます。(♯∂)

今日のトレーナーのメッセージ

つま先立ちで上下の動きは、やり始めた時点から瞬時に効果が出ていました。「いつもと違う声が出た」というご感想は、頑張った身体への最高の褒め言葉だと思います。(♯α)