ヴォイトレレッスンの日々  

ヴォイストレーニングに関わっている方と、ブレスヴォイストレーニング研究所のトレーナー、スタッフの毎日をとりあげていきます。

05)声のレッスンの感想

レッスンからの声

今やっている曲のなかで、比較的高めでアップテンポの「梅は咲いたか」などよりも、低めでスローテンポの「宵は待ち」、「ことぶき」などの方がやりやすい事に気付きました。以前義太夫をやっていたことで、低めでゆっくりの方が慣れているのだと思います。…

レッスンからの声

中低音がやはり不安定な感じだった。そのため、意識して充実した声にするようにした。 声を出さずに行えるトレーニングを積極的に取り組む。呼吸練習、ハミング、息でうたうなど。

レッスンからの声

最初のテンポと呼吸。体が硬くほぐれていなかったので、寝起きは少しの間でストレッチを忘れぬように。 椅子に座って、「あ」で発声し背中を手で押さえて右or左の響きの感覚に集中するやつ。手に響きが当たるように意識を向けているに自然に出せる良い響きが…

レッスンからの声

今日は声を感じている場所が低いから、音程が下がりぎみ、とトレーナー。そういえば、最近はずっと、こめかみ辺りに声を感じていたけれど、今日は落ちている気がする。口や喉の下を使う太い声を使うなら、意識して音程を上げないといけない。おでこと、目と…

レッスンからの声

長く吸い込み、小さい声で発声する練習。 力でにねじ伏せない。バランスの取れたところでだす、。 安定していると、響きがあり、声が散らない、余計な邪魔がない、拘束されていない声になる。 声を捕まえていると、自然と良いフレージングになる。

レッスンからの声

歌唱時にどうしても、体全体に力みが入る気がします。歩きながら、腰を揺らしながらでも、ちゃんと息は出せているので、それをもっと自分に認知させたいです。自由度が上がった時、もっと気持ちよく声を出せるのではないか?と期待します。

レッスンからの声

椅子に座り背中左右手を当てて発声、 手に振動を感じる感覚があまり実感できないが、 声が抜けない、安定した良い感覚を持って出せていると感じる。 違和感なく終始安定した体の動きで歌えた。

レッスンからの声

前回のレッスンで呼吸が力みすぎだとご指摘いただいてから、ずっと呼吸のことを意識してきました。無駄に体に力が入らず、音も立てたず、しかし、しっかり吸える呼吸。だいぶ改善されたと思いますが、まだ少し音が立ってしまっていますし、余裕がなくなって…

レッスンからの声

今回のレッスンの声の出し方は何となく頼りない感じの声な気がしたけれど、その方がいつもよりしっかり出ていると言われた。感覚が慣れないけれど、身につけていきたい。 片足でフラフラしながら歌うと、高い音を出すときに体の奥で勝手に支えてくれる部分が…

レッスンからの声

今日は声の調子が良い、とトレーナー。自分ではよくわからない。楽に歌えたら、調子が良い、とのこと。そうかもしれない、息がいつもより続いて、フレーズがつながりやすかった。最初の音は、なんとなく出さない。意識して出す。高いレは「リ」を使うと出し…

レッスンからの声

発声では、あくびのように軟口蓋と舌根を大きく広げる。高音がだしやすくなる。 吟詠で高音に跳躍するとき、身構えず、思い切りよく声を出してみる。 苦手のザ行は子音のSを頑張らず、通過するだけの感じで歌う。 母音の口の形を作り、子音Sを軽くつける。

レッスンからの声

とにかく息を沢山吸い、たくさん吐くことで、声が整う!という体感をレッスンの30分で得られました。歌う時間が少ないからこそ、このトレーニングが生きてくるという事実に、今更ながら感動しました。

レッスンからの声

「ス ス スーサ ス~~~サ」の応用で、「ス スス ス~サ ス~~~サ」でも息を吐く練習 背中とお尻、頭を壁につけての1.の息を吐く練習をしたが、思ったより頭を後ろに持っていかなければならないことに気づく。 普段から頭や顔が前に出ているということ…

レッスンからの声

ハミングで大切なことは、首や肩を柔らかく使う意識を持つ。出している音質を考えないで。 スケール発声はオがウに近すぎ、もう少しオに。アはアに聞こえれば良い、くらい。ハッキリしたアを考えないで。声門の閉鎖は、絞めるというより、置く、くらいの感じ…

レッスンからの声

息を吐いてからアアオオア スクワットで発声 スクワットの感覚を持ったまま立って発声 頭をだらんと下げて揺れながら発声 歯を閉じて発声 サエアオア

レッスンからの声

いい声を出すには、呼吸をうまく使うということ。 話す前にできるだけリラックスすること。 講義をする際も、演じることが大切であるということ。

レッスンからの声

今日は声の調子が良いおかげで、しっかり歌えて下がらなかった。それを考えると、声の調子が良くてしっかり出せれば、音程はあまり下がらないのかも?。いつもなら、同音の続く所やファの音、高いドやレは、 意識していても下がるのに、今日はいけていたよう…

レッスンからの声

声を出すこと、音を規定の高さに合わせて出すことや、言葉を明瞭にだそうと頭でこねくり回す癖がなかなか抜けません。 金魚運動しながらや、腕を動かしながらという動作を加えることでその癖が抜けるので、もっと繰り返して良い発声になりたいです。 声の揺…

レッスンからの声

多少ましになったものの不安定。 歌いにくい所について、どの箇所でリセットしていくかを決める必要がある。 全般的に言葉、音、リズムがもつれてしまう。 現在気持ち、発音重視で声を出している。クラッシックの考え方では言葉をポピュラーよりも重視しない…

レッスンからの声

高いところのフレーズだけ取り出せば楽に歌える。最初から通すと、うまくいかない。高いところのフレーズを練習します。

レッスンからの声

しゃべる声より歌声の方が小さいこと 自分の思っていた以上に、特に歌声の高い声が出ないこと 呼吸をするだけで大変であること 呼吸の練習をすることで、発声もよくなるということ

レッスンからの声

ブレスのトレーニング スタッカートロングトーン 無意識に左右円状の動きをしていたことがわかった。 腸腰筋 踏ん張りを感じる支えている筋肉 スクワットの態勢でより感じることができる。 アルバイトや様々なタイミングで使えることに今回気づけたのがよか…

レッスンからの声

あえいうえおあお〜、五十音 ゆっくり読むのは難しい 支える物がなく、苦しい感覚になる 早く読むのは、素早くしっかり口を動かさなくてはいけないけれど、力が入りすぎると逆に動きづらくなる 普段話す時はあまり顔の筋肉を使っていなかったと感じた

レッスンからの声

口の奥の空間を広くするイメージで発声。 ブレスをゆったりとる。 発声時は重心低く踏ん張るイメージ。 オの口で、ア・エの発声。 発声時はブレーキかけず突き抜けるように。

レッスンからの声

前回のレッスンで「日本語は高低アクセントである」というご指摘をいただきましたが、その場では何度やっても強弱アクセントになってしまいました。今回までの間に意識して練習してきて、自分なりにこういう事かなと答えを見つけました。今回のレッスンでそ…

レッスンからの声

「スス ス~(サ)スス ス~(サ) ス~~~(サ)」と、最初にスタッカートの「ス」を2つ入れることで 息がたくさん出るようになることを教わった。 これも前屈で体を揺らして発声した後、起き上がって発声すると、声が出やすくなっていることを実感した。…

レッスンからの声

息吐き練習(RuPuTuKu×2 サ×4シュ×4ヒ×4Ft×4スーサ) FtはFとtのバランスを取る(母音uは入らない)。 立った姿勢で鞠をつくように手を体の前で上下に回しながら実施した。 ※等速でただ手を回すのではなく、前へかき出すときに勢いを付ける。 ※手首を…

レッスンからの声

ブレスのトレーニング スタッカートロングトーン 無意識に左右円状の動きをしていたことがわかった。 腸腰筋 踏ん張りを感じる支えている筋肉 スクワットの態勢でより感じることができる。 アルバイトや様々なタイミングで使えることに今回気づけたのがよか…

レッスンからの声

前回と少しだけ違うリズムでブレス。 壁にタオルつけて発声。 脚を曲げて上体落として発声。 ブレスに合わせて腕を伸ばしながら発声。 曲をSaで。

レッスンからの声

しゃべる声より歌声の方が小さいこと 自分の思っていた以上に、特に歌声の高い声が出ないこと 呼吸をするだけで大変であること 呼吸の練習をすることで、発声もよくなるということ