ヴォイトレレッスンの日々  

ヴォイトレに関わっている方とブレスヴォイストレーニング研究所のトレーナー、スタッフの毎日をとりあげていきます。

05)声のレッスンの感想

レッスンからの声

くたびれた時に立って発声練習する元気がなく。座って発声練習した話をした。トレーナーいわく、疲れたからやらないより、座ってでもすること。

レッスンからの声

音の上がり下がりに合わせて、頭が動くこと。 出だしの言葉を強調することが難しいこと。 ゆっくり読むことを意識するようになりました。

レッスンからの声

自分が喉を開けていると思っているときは声を引き込んでいて、喉が閉まるというか、喉を使っている感じがするときは、声が前に出ていたりする。イタリア語で挨拶するときの、喉が鳴る感じはあった方がよい。

レッスンからの声

オの口を動かしすぎることなく発音できるようになってきましたが、逆に動かさなさすぎになりかけのときもありました。丁度良い動きを身につけるのが大事だと思いました。 音をつけての発声は、音程を合わせる方に意識が強くと感じました。 抑揚をつけないと…

レッスンからの声

声を外に出していくことと、前に出していくことは自分のなかでは違っていて、外に出していく、と言われた時に、はっとしました。

レッスン効果

久しぶりに歌い、意外と楽しかった

レッスンからの声

ボックスステップのときには口への意識が減るようです。 口を意識すると動かしすぎてしまいますが、リラックス、最小限ということを教えていただき、動きを少なくすることができるようになってきました。 無駄のない口の動きまで少しは近づいているのかなと…

レッスンからの声

とにかくブレスのときにあくびの口でできるだけ息を取り込むこと。 声を前に出そうとすると、頭が動くこと。

レッスンからの声

口を開けると下顎が下がるという当たり前のことに気づきました。 今まで、口を開けるとき上顎をあげているようにイメージしていました。 だから下顎を緩める、と言われたときに何か特別な事をするように思い無駄に頭を動かしていたと思います。

レッスンからの声

.横隔膜を普段使っていないこと 顔の形、横隔膜意識して歌うこと 息の吐き方

レッスンからの声

ボックスステップでも、かかととつま先では呼吸の感じが変わった気がしました。 まだまだ口の無駄な動きが多いです。 ご指摘を受けるまで、無意識に抑揚をつけていることに気づかなかったです。 口をあまり動かさなくても発音できることに気がつきました。 …

レッスンからの声

ボックスステップ、足の裏と喉との関係や、普段使わない身体の部位に注目すること、その後で息の伸びが増えた感覚に驚きました。 saの縦の口は、気をつけてできるようになってきた感じがあります。 手のひらで頬を抑えていても意識が別のところにあり、指摘…

レッスンからの声

日常がバタバタして自主トレができなかった分、喉は楽になったが声の力は三分の一くらいになってしまった。これではいけない、また気合を入れて自主トレの時間を作らねば、と思った。レッスンに来て良かったです。

レッスンからの声

喉をあけてから、明るく前に声を出す。眼鏡のつるから、そういえば、以前は喉をあけたら息漏れしてしまうので、ちょっとキュッとするようにして、息漏れが治ったことを思い出しました。

レッスン

頬を手で押さえると口の動きの意識がしやすい 発音のための最低の口の動き以上に動かしていること 前傾姿勢の方が息を出しやすい感覚がありました 1つ目の口の動きと、2つ目以降の口の動きの違い テキストの読む言葉が今までと全く違う感覚でした

レッスンからの声

スクワットの状態だと踏ん張れる感覚がありました。 息を吸うのを意識的にではなく自然に取り込む感じを掴めました。 口をはっきり動かしすぎることを指摘していただきました。 背中の状態など身体の動きや、キープできているかを確認する(感じる)ことが大事…

レッスンからの声

呼吸の訓練は、最後まで強く吐くこと。薄く長く吐こうとするのではなく、息の強さが落ちるギリギリのところで息を吐ききる。その際、おなかを使って瞬間的に息をとめ、その状態で一秒ほど停止し、息を吸う。その流れを大切にして呼吸の訓練をすること。この…

レッスンからの声

大仏になったつもりで頭を動かさない。 句読点のたびに唇を閉じない。唇の動きを最小限にする。息をゆっくり吸ってから次の文の朗読に入る。

レッスンからの声

慣れないトレーニング方法の再確認 ひとりでやらない 軟口蓋の開け方 プラス 前に出す声 自分の声を知ることについて

レッスンからの声

声のトレーニングは、農家さんが良い作物を作るために、土壌を整えることに似ていると思った。まず、良い土を作ることが良い作物の第一歩。だから、農家さんは土中の微生物を増やしたり、レンゲの花を鋤き込んだり、落ち葉で腐葉土を作ったりの試行錯誤をす…

レッスンからの声

aeiouのuが違う、喉の位置がひとつだけ変わってしまっている。oの口先を閉じるだけのu、今はuを作りに行っている。口の中に空気がいっぱいあるイメージのu。このときに軟口蓋が上がって口の奥が広くなっている。

レッスンからの声

口を縦に動かすことを意識して発声してみる 子音を強調しないでみる いろいろな口の形を試してみる。(余計な力が入らない所を探してみる。)

レッスンからの声

有効な発声練習 zあえあえあ prrrあえあえあ vあえあえあ 部屋でもできる 家事したりしながら リラックスしてあまり発声練習と思わずに

レッスンからの声

声を前に出すことばかりを意識してしまう点について、声は前にも放り投げるけど、身体側では常になにかを持っている感覚がないといけない。例えると、竹刀の先は声が出る方向で、高い時は上がり、低い時は下がるが、竹刀の持ち手側は竹刀の先の対角線上にあ…

レッスンからの声

体内の振動を感じる →声にする 声を意識しすぎる弊害 声を出さない時間をどうとらえるか 振動 =響き=声の大きさ 遠くに響く声

レッスンからの声

バレエのプリエをしながら発声すると、横隔膜を引き下げられる。 横固定、縦固定、息だけで読むなど、息を使うことを意識してみると、その直後の読みは良い声が出る。 いろんな声で笑う練習は、楽しいし、お腹の訓練にもなる。

レッスンからの声

喉の奥を開き、口の中の空間を広くすること。頭ではわかっているのですが、実際はなかなかうまく出来ません。 でも、今回のオーの口の形でウーの発声をする練習で何となく出来そうな気がしてきました。

レッスンからの声

息を流すこと(区切っても河原の石飛ばしのように続いてゆくイメージ) 母音を前に転がすように出してみる 出だしが母音の場合の出し方(アクションを入れるなどする。正門閉鎖も使ってみる。) 「う」は唇に力を入れるのではなく、口はリラックスして腹に力…

レッスンからの声

「う」の音から始まる朗読練習では、最初何か落ち着かない感じがしたのですが、きちんと呼吸をしてタイミングをとってから始めると、おさまり良く読むことが出来ました。

レッスンからの声

まずフォームチェック、今日と前回は、猫背や手が前に出ていることの注意がなかったので、フォームは少しずつ矯正されつつあると思う。前回もそうだが、トレーナーの真っ直ぐに近づけるために、自分の意識はお腹の力を抜いて、お尻が落ちる。さらにお尻の力…