ヴォイトレレッスンの日々  

ヴォイトレに関わっている方とブレスヴォイストレーニング研究所のトレーナー、スタッフの毎日をとりあげていきます。

06)歌のレッスンの感想

レッスンからの声

広い場所、銀座ライオンや、外国のオクトーバーフェスタのような、楽しい場所で歌姫として歌っているイメージを持つ。 低音は、今日はおっさんを混ぜすぎずに行けた。そう思うのは、いつでも上の声に戻れるところで低い音が出せたから。これがいつもできると…

レッスンからの声

発声する時に力を抜く 壁に背中と頭とかかとをつけた姿勢で歌う ボーリングをするようなタイミングで声を徐々に出していく 手を叩きながらリズムに乗る 犬のようにハッハッハッと息を出してから発声する

レッスンからの声

口の形、喉の開け方と、発声時では違う 声のチェンジを上も下ももっとうまくできるようにする トレーニングでずれていたところを調整をしていただけた

レッスンからの声

身体を左右に振りながらブレス。肋骨を持ち上げて吸って落としてため息に+して、下腹をへこます。 肺の筋トレ。前屈をしながら肺の空気が空っぽになるまで吐く(5秒くらいかけてゆっくり)この逆の動きで、3回に分けて吸って、吸って、吸って10秒とめる。 …

レッスンからの声

コンコーネ、楽譜を見ながら歌っていると、首が前に出ている姿勢に。それでは、いくらポジションを考えても、声はうまく鳴らない。高い音は特に胸を開いていく。首を前に出さないと言っても、固めるのとは違う。日常生活もスマホを見るときなど、気を付けて…

レッスンからの声

全体的に乱れなくなってきた。 前半を今より面白く、後半は安定する事をめざす。 細かい表現ががあいまい。 さらに確信も持ちひとつひとつ積み重ねるのが大事なのではと感じた。 声を先に作るのではなく、音を自分の自然な声で出せるようにしてから、声を作…

レッスンからの声

支えと思って、実は固めてしまっている。いつでも動ける体で歌う。とはいえ、それだけでは、長くは続かない、やはり最後は支える感じになる。そして、その場所は、最初、トレーナーが言っていた場所だった。ぐるっと回って戻った感じ。最初はそこを意識する…

レッスンからの声

イで歌うとなんとか安定するものの、アだと、高い音のところはひどい状態。歌詞でうまく歌えない原因は、こんなところにもある、とトレーナー。

レッスンからの声

今日のスケール発声は、いつもより少し冷静に、上の音へ行けました。前回のレッスンを参考にして、 早くから引っ張って、うしろがガボッと落ちてしまわないように、最初は前へ円で送りました。 途中からは、引っ張っていかないと上がれないけれど、どこで切…

レッスンからの声

カラスの声が先生にもしっくり感じたみたい。普段の歌声はなにか余計なことをしちゃっているんだと思う。カラスの声はそれを排除しやすいのかも。本来の声。 背伸びして声を出すと楽に高音がでる。 うっうっうっって言葉1個1個息を止めている感じがある。息…

レッスンからの声

下がらないように気を付けたら、やや上ずるところも出てきた。前よりはマシになってきた。音程以外にも、気を配る。たとえば、高いドの連続は、 今はいろんな声が出てくるけれど、よい声をきれいに出していくことを考える。

レッスンからの声

声、音と戦わない オでスケール 息を吐き過ぎない アで単音3回 舌根と軟口蓋広げる 口を縦に開ける 喉が広くて力みがないように 首、肩、胸が力まないように下っ腹で支える アでスケール ブレス深く取ってお腹で支える 後ろではなく前へ ブレスが浅いと支え…

レッスンからの声

低音の出し方、まずは息の通り道を広く作って、発声時にそれを狭くしないで、穏やかに出していく。頑張って通り道を広げすぎてしまうと、下に引っ張られ過ぎる感じもある。バランスかと思った。低音が使えるようになると、歌えるものが広がるので、取り組ん…

レッスンからの声

三拍子の小品は、合っているけれど、そういうものを歌う時は、一緒に大きい曲も練習すること。体から大きな声を出していかないと、特に今はコロナだから、小さくなっていってしまう。言われて、本当だ、しっかり声を出す歌もやらなくちゃ、と、思った。理想…

レッスンからの声

.低音を集中的に見ていただきました。低い音は、おっさんのような声になって、高い声とのギャップが大きいです。なので、あまり、おっさんを出さないように、出すと、あまり聞こえない感じになって、気になっていました。トレーナーいわく、お姫様のままでは…

レッスンからの声

発声の最初が、ぶつけずに、ちょっと待って一緒にして出すように、気をつけられるようになってきた。ちょっと待つ感覚は遅いかも、と、怖いときもあるけれど、ぶつけてしまうのをやめようと、思えるようになってきた。 ベターっと歌うと、アクセントがなくな…

レッスンからの声

両腕を左右後ろにふりながらブレスし、背骨をゆるめる。バンザイで吸って前屈で吐く。スタッカートでブレス、ブレスと交互にリズムよく手を叩く。 リップロール「プルルあー」「あー」が薄まっていかないように。フラフープの動きをつけて。 口をもっとあけ…

レッスンからの声

顎を右鎖骨につけ、右にひねりながら息を吐き、ひねりきったところで深呼吸数回、左側の肋骨の動きを感じながら息を吸う 反対の顎を左鎖骨につけ、左にひねって深呼吸 右側の肋骨の動きふくらみを感じつつ行う 体が温まる、穂暮れて楽になる感覚があった。 …

レッスンからの声

肋骨を上げて落としながらため息。低め。息多めに。太っている人をイメージして両手を使って身体をイメージしながらため息。巨大なスライムを床に叩きつけるイメージ。それに声を混ぜる「あー」 リップロールあー!ろうそくfuあー!息の延長線上にあー!前に…

レッスンからの声

前半のぎこちなさが解消されることでより、後半が楽にコントロールできるのではと思った。 ハミング強化してみようと思う。

レッスンからの声

ナチュラルボイスでのスケールトレーニング時、普段の声とその時自分が使いたいと思っている声や強化したい声など、声が変わっている。まずは地声を強化できるよう、安定して自分の声を出せるようにしたい。

レッスンからの声

コンコーネの39は初めての取り組みでしたが、楽しかったです。前回、お手本で歌ってくださったので、助かりました。コンコーネという声楽の教材を楽しいと思える自分が、新鮮です。

レッスンからの声

スキャットを思いきって変えた。あーで伸ばしてスパッと切る、スタッカートを入れて揺らす。トレーナーいわく、マイクにうまく乗れば、成り立ちそう。やっと一歩前進。 一連の展開。全体にねばってみたら、次へ繋がった。そこから、ちょっと浮遊感がでた。 …

レッスンからの声

どこに力が入ってもいいからまずは大きく長く息を吐く フォームは後から修正する 発声時は頸部が前後に動かないようにする 低音〜高音になるにつれて放射線状に響かせるイメージで歌うと上手く共鳴する 骨や口腔内が響く感じを持つ

レッスンからの声

今日のハミングは無意識に、口を開けたままやっていて、自分でびっくりした。ハミングは、口を閉じないと出来ないと思っていた。トレーナーいわく、口を閉じるとMのハミング、口を開けたままはNのハミング。それが分かっていたら、どちらでも良い。 今日のス…

レッスンからの声

アレルギーの症状が想像以上に声に影響していること レッスンの最初はトレーニングの声ではなく仕事で使う声を出す 自主練習で大きな声を出せない場所の場合はハミングでやる 息のトレーニングのおさらい 高音がもう少し地声で出ることを目指す

レッスンからの声

ブレス。身体を左右に振りながら、背骨をゆるませてブレス。バンザイおじぎでブレス。肋骨を手で持ち上げて落とすブレス。ため息でブレス。ため息にだんだん声(あー)をまぜて。このとき必ず息を先行させる。だんだん声も大きくしていく。 リップロールでプ…

レッスンからの声

今までは声を出す時に前に球を投げるように出していたが今回のレッスンでは前後に手を広げながら声を出した。 前後に広げながら出した方が支えがしっかりする感じがした。 発声練習をやらずにいきなり歌うと、高い音がうまくでなくて喉で出そうとしてしまう。…

レッスンからの声

音程が前よりよくなってきた。 リズムの大切さがわかってきた。 声の大きさだけで表現をしようとして力んでいたのが言葉のまとまりやリズム等も意識するようになり力みがとれてきた。

レッスンからの声

.軟口蓋を上げることと、響きは、セットで考えない。軟口蓋を上げる目的は、鼻声にならないためで、響きを上げるためではない。軟口蓋を上げて、喉は下げる、それにより、空間が生まれる。 フレーズの最初の、Vがうまくいかないのは、ブレスで口を開けすぎて…