ヴォイトレレッスンの日々  

ヴォイトレに関わっている方とブレスヴォイストレーニング研究所のトレーナー、スタッフの毎日をとりあげていきます。

06)歌のレッスンの感想

レッスンからの声

首の脱力をしながら声を出すストレッチをしていると、左側が動かしずらいのがよくわかったから、そこを意識しながら1回1回ゆっくりほぐした。 その脱力の感覚でハミングやあくびでの発声をした。 ドレミファソファミレド「あ」で発声。後半に向けて支えが足…

レッスンからの声

身体を左右に振りながら息吐き。 息を3回に分けて吸って、肺をいっぱいにして、キープ、10秒カウント。 鼻から息を吸って、ズー、両手を脇腹に当てて、お腹で手を押し返す。 ザンザンザーーーーーンザンザン(ドミソミド)つま先でゆっくりゆっくり足踏みし…

レッスンからの声

コンコーネの40の確認。出来ていないところがたくさんですが、楽しい曲と感じました。

レッスンからの声

6thの音が入るとぶつかって楽しい、ワクワクする感じになり、跳ねたり、胸声を使いたくなります。でも、音程的には頭声の方が良いことは、分かりました。

レッスンからの声

歌のアドバイスとして言葉を切らずに、フレーズを大事にして歌う事とスケール感を大きく歌うと良いとのことでした。課題曲はノリが良い曲なのでリズムに乗る事に重点を置いて、言葉が切れてしまい伝わりにく苦なってしまったと思います。また、歌い方と発声…

レッスンからの声

息の音がしないように吸って歌ったが、それでは、吸えていない状態になっている。今は息の音がしてもよいから、体全体でたくさん吸って歌うこと

レッスンからの声

吸うときにガバッと口を開けないと、歌うときにしっかり縦開きにできない。 ガバッと口を開けるけれど、体の吸い方は、ふあーっと背中を開いていく。

レッスンからの声

高いため息と、低いため息で、身体の違いを内観してみる。 Zuuaaaドミソミド、Zの子音をもっと濃く、くっきり、しつこく発音する。Sの子音にならないように。おなかをいやおうなしに使える。 アエアエアエアエア…ドレドレミファミファソラシラソファミレド ※…

レッスンからの声

ロングトーン、スタッカートの練習 スタッカートはスタッカート風1秒くらいの長さでやる。 喉を準備して出す。 力尽くではない丁度良い楽に大きく出しやすい声を準備して出す。 出したい声ではなく、出しやすい声で練習する。

レッスンからの声

吹き矢。っふぁ、っふぁ、っふぁ。その時のお腹の動きで。ドミソミド。横隔膜と喉の動きが一体化する練習。 あくびで吸って、一回止めて、ため息で吐く。 準備の練習会。ドシラソファあおあおあ、早めに吸うために最後の音は短めにする。 手を叩きながら歌唱…

レッスンからの声

アの発音で、声を出す発声。 ロングトーンとスタッカートでの発声。 舌ベロが引っ込む癖があるので、そこを意識して力まないように発声したらストレートに出やすい気はしました。まだ低音域は声帯が息に負けて開いてしまうところがあるので、そこが課題だと…

レッスン効果

上腹部の支えを意識することが身についてきたことで、声の震えが少なくなった。 響きの箇所をコンテンツによって使い分けられるようになってきた。

レッスンからの声

曲を歌詞とaで歌う。たっぷり吸うときに、息の音がするのは、実際にはあまり吸えていない。息の音がしない方が、こすらずに吸えている。とはいえ、息の音がしないことが最重要ではなく、たっぷり吸ってひとつのフレーズを歌えることが大事。体感として、吸う…

レッスンからの声

以前は2日に1回くらい思い出したときに息吐きのトレーニングをしていたのですが、8月の後半頃から毎日朝晩息吐きのトレーニングをするようになり、今回のレッスンでは前回より強くしっかりした息が吐けるようになったと感じた。 曲が速くてリズムにいまいち…

レッスンからの声

ロングトーンとスタッカートの練習では、前よりかは声が張れる気がします。体の使い方として、体やお腹を張ったまま声を出していたが、練習としては(歌で使う事とは別に)お腹を萎ませて強いブレスでやった方が良いとの事なので、今後はその方向でやりたい…

レッスンからの声

今日はいつもより、音程リズムともに、良かった気がする。 曲が少し歌いやすくなった。引き続き、ドとレとミ♭を母音あえいおうで練習する。

レッスンからの声

オの発音で中音域から高音域までのスケール練習。今回は低音域より高音域を中心に見てもらいましたが、深い声のまま維持して高いcまで出すのはとてもやりづらく感じました。声が裏返りそうになるのと体の支えを維持するのが大変で、かなり体力が必要だと感じ…

レッスンからの声

強く吐く練習は、最後まで力を入れて吐く。 器具を使った筋トレで腕を開く時の様に。 曲の中の小さな山が、自然に繋がっていくようにする。いきなり次のまとまりにいくのではなく次のまとまりに向けて準備をしておく。 早口に歌詞を言った時の息継ぎするタイ…

レッスンからの声

MIの発声 歌おうとせず、喋ったまま、やる気なく、ふざけた感じが正解の方向だった。 レガートへ切替て発声、さんざんなぞったのでスムーズに前へ進める。 自分は一つ一つ確認してしっかり歌おうとする意識が強いのが、支障となり 鎖を付けたまま、早いフレ…

レッスンからの声

息をたくさん吸って、縦に大きく口をあけて発声する。息をたくさん吐きながら発声する。 高いと思わずに自信を持って楽にだす。 喉を開いた時の良い発声が体で分かってきた。 歌いはじめからはっきり歌うように意識してやる。 あえいおう〜では、あ の時の響…

レッスンからの声

いつもながら、口の縦開き横開きは難しいと思う。自分で縦開きを意識して出しても、トレーナーから縦開きにしてね、と言われる。かと思うと、コンコーネで、わりと声が乗って音量も上がっているとき、自分の口は、横開きになっている感覚がある。

レッスンからの声

少し長めのスタッカート(0.5秒程度)とロングトーンをアの発声、中高音は前より少し強くなった感じはします。まだ中低音域は体で踏ん張っても声に還元できず、声量が小さい。体の支えを声に還元出来ていないのが歯痒いです。 3.綺麗な声での音階練習。綺麗な…

レッスンからの声

「V」でスケールをとることで、お腹で支える感覚をよりはっきりもつことが出来た。 喉の奥(軟口蓋周辺)にウズラの卵大のスペースを保つよう意識しながらスケールをとった。 歌う時だけでなく、日常生活でも意識しながら空けるようにしていきたい。 高音や…

レッスンからの声

低音域から中高音域までスケールを使ってアの発音での発声。深めの声で呼吸をゆったりと使う、体を使い声を出す感覚は少し分かる様になった気がします。 掛け声でオーと前に声を飛ばす練習も前回よりは良くなっている気がします。 片足を上げながらの発声は…

レッスンからの声

肩が無意識にあがるので、そんな時は手を身体の前で組んで、下に伸ばしながら歌うと肩が上がらず、腹圧も入る 歌う前に、先に歌詞を読んでから歌うと良く、その際はお腹にしっかり力を入れて読むと良い 駄々をこねるように声を出すことで羞恥心を取る練習に…

レッスンからの声

ブレス。肋骨を両手で持ち上げて(吸う)、両手を下ろす(吐く)、床に真下にたたきつける、これに声「あ」を、混ぜていく。まだ息が全部声に変換できていない。 手を温める息。息の音を大袈裟にたてる。腕をあげて吸う、前屈で吐く。動きが変わると失敗しや…

レッスンからの声

あくびの時に音を出すように吸気することで、喉頭周囲を伸ばすような効果がある 発声も呼気に合わせて声を出さないと、タイミングがずれるとただ空気が漏れたようになってしまう。普段は無意識に何気なくそのタイミングを合わせて発声ができているのだと感じ…

レッスンからの声

シンプルなことだけれど、体がいつもとは違う使われ方をすることで、 体の働きが増えて、声を出しやすくなる。 足先から全て繋がっているので、無意識の範疇で体全体が反応していて、 体全体にも影響が来ている。 どの体の部分も、声を出すために必要な働き…

レッスンからの声

発声練習している際、自分では良し悪しをジャッジできなかったが、 録音を聞いたら、区別できた。 テンポや音程を探ると良く無いよう、 自分が引っ張るくらいの加減でちょうど良いようだった。

レッスンからの声

スケール発声、oがuのようになっている。口を開ける。 小さいツが入ると口腔内が狭くなり勝ち。口の中は意識して狭くしない。口の中を変えない。 Nを言おうとすると、上に上がりがち。そのまま、上げずに行く。下への力を忘れない。