ヴォイトレレッスンの日々  

ヴォイトレに関わっている方とブレスヴォイストレーニング研究所のトレーナー、スタッフの毎日をとりあげていきます。

06)歌のレッスンの感想

レッスンからの声

息のトレーニング ru pu tu ku×2 サッ×4 シュ×4 ヒッ×4 ft×4 ス〜サッ 身体の横に腕を上げながらする。 スーーー、ソミドミドをsaで発声 サラサリサルサレサロ、シラシリシルシレシロ…さ行とら行を交互に発声 ワンフレーズ歌詞、ワンフレーズsaで歌う。

レッスンからの声

歌うときに音程が気になり、ピアノでメロディーを、弾きながら歌の練習をしていましたが、ピアノ無しで練習する必要性を学びました。 手を動かしながら歌うほうが声が出しやすいことを学びました。 ブレスの場所、強弱の研究をすると歌へのアプローチが増え…

レッスンからの声

目が笑っていれば口元も勝手に笑顔になる。息をたくさん吐いても支えられる。 かかとだけつけて足踏みしながら歌うと、なにも考えなくてもいい声がでる 高い音の跳躍の前でブチっと音を切ってしまう。ズーで歌ってつなげてから、再び歌うと息が滑らかに繋が…

レッスンからの声

一音一音切らずに、つなげて歌う。 高い音のとき、声を抑えてしまうので遠慮せずに出す。

レッスンからの声

イタリア語のチャオなどの会話の声をベースにする。歌声という特別なものを作るのではなく、自分の話している声のお隣さんが歌声という感じ。あ~と響く声があるというより、「あ」という音がずっと金太郎飴みたいに続いている感じが、自分の楽器をフルに使…

レッスンからの声

発声で、息を吸った時から息を出すときに、口を閉じてしまうことをご指摘いただき、まだ習慣化できていないことに気がつきました。 あくびをしてから声を出すときに、喉にひっかかる感じがあることがあり、目を閉じてしまったり口を動かしてしまったりしてい…

レッスンからの声

Ga、Go、Ge、Gi、同音で三つ長めで揃えていたものを、長さに使った力を、強弱のメリハリに置き換える。だんだん大きくしていく。 深い音色、胸のところで取る、体からひとつで取る。上がってきて声が薄くならないところ。今使っている声の方が合っているだろ…

レッスンからの声

地声の響きが感じられず、前かがみで言いやすいことばからはじめることを学びました。 高音域で歌うことばかりでなく、地声を響かせるトレーニングが必要なことを学びました。 大きな声を出すときに出しやすいことばを自分で探すことが必要だと気がつきまし…

レッスンからの声

リップロール(ソドソミド、ミレド) 口の両脇に指を当てて行った。 今までのリップロールでは、下唇だけが稼働していて、上唇が頑なに動きを拒絶する「かしこまったリップロール」になっていた。 顔全体がダレてしまったぐらいに脱力した「変顔レベル」で試…

レッスンからの声

病み上がりの練習で普段感じる不要な力が入っておらず、良い感触がある事もあるのではと感じた。 良い感覚があったときは、どのような感覚か観察して覚えておくと良い。 トレーニングの際は力んで良い。歌唱の時とは別。 綺麗な声のまま力む。

レッスンからの声

ソラシドレミ、それぞれのロングトーンとスタッカート風を。今日は喉を使っている感がある。そして、後ろのどこからか声がやって来る感じ。いつもかすれてふらつくソの音が、今日は地声でしっかり出せたのが嬉しい。ドは地声をひっぱらず、ミックスに。

レッスンからの声

えっという心理的動揺がすぐまばたきに出るらしい!という発見 目で笑う目のまわりを開くは声にも影響があるということ 子音⇒母音ののどポジションの確認 課題曲の高音部あくびのかんじ、アールをつなげていくかんじ

レッスンからの声

今まで鼻にかかって歌っていたのかもしれません… 鼻濁音以外、鼻にかけないように歌うと、音がしっかり前に進む感じがしました 前屈して身体を揺らして歌うと余計な力が入らずに歌えました スタッカートで練習した後に歌うと良い声が出たので、収録直前など…

レッスンからの声

高音やロングトーンの時に弓矢を引くモーションをすると音が綺麗に伸びる 余計な力が入りがちなので、ストレッチなどして固さを取ると良い ちょっとリズムに乗って体を揺らして歌った方がリズムも安定し、固さも取れて良かったと感じました

レッスンからの声

地声だけで実際にGaとGoでやってみると、ドまで上がるとGaが開いてしまうとわかった。Goに比べ、Gaは開きやすい、響かせたくなる。そこを響かせない、芯のところ、響かないところ、上がってこないところできちんと取る。それが声の基本、それが自然に上がっ…

レッスンからの声

体感体ありきでフレーズができることを再々確認 体の準備ありきで高音へのぽんという軽やかさがあることを手のばしで練習

レッスンからの声

頬に手を当ててあおあおあお、 口を縦にあけてあ、お ・・・あまり変わらない。 フォの時も、顎を下ろすんだという意識大事 顎を下ろすと唇は前に出る あごが降りて、唇が前になる感じ フォでスタッカートからのレガート 顎が降りるほうが先、 これを曲でも…

レッスンからの声

「あ」が「は」に聞こえてしまうので、息を止めて維持しながら出すイメージをもって発音する。 息が漏れた高音を出すと苦しくなってしまうので、漏れない出し方を意識するとファルセットでは無いしっかりした発声ができる。 手を前に出して丸を作り、その丸…

レッスンからの声

鼻腔共鳴のトレーニング1 ハミング(んー)発声(あーあー)自然につなげる。次の音が「あ」なので、口は開けたままハミング。舌の位置を上顎から下ろすだけを意識するとよい。 鼻腔共鳴のトレーニング2 鼻濁音「わたし、んが」のように、柔らかく発声。鼻濁…

レッスンからの声

いろいろな表現を試してこういう表現にすると、自分で決める。歌手の曲ではなく、自分の曲だと考える。自分がオリジナル。安易に変えない。 自分が天才ではないと思っている方が早くうまくなる。コードの変化に対した山の作り方など、天才は響きを聴いてつけ…

レッスンからの声

どうしてものどの奥、口周りの筋肉がゆるむ。特に高音。口周りの筋肉は指で唇の横を内側に押してトレーニングしていたが、最近、やるのを忘れていた。 喉仏が上がってくる。おー、がゆるむチャンスと初めて知った。胸のあたりにお盆があって、お盆のところま…

レッスンからの声

おじぎのコードで落ち着き→不安定→落ち着きとなるという感覚が大切。 コードは山になっており、不安定に向かっては勢いがつきリズムも前のめりになる。 今はこの勢いがついていない。もっと思いっきりつけて、不安定になるときは一気に変える。

レッスンからの声

音が高くなっていくときはクレッシェンド、低くなるときはデクレッシェンドする。 低い音から高い音に飛ぶときは低い音を大きく出しすぎない。 高い音はよく狙い、思い切って大きく出す。 三拍子で付点音符が入ると、早いリズムになるので遅れがち。弾むよう…

レッスンからの声

高い音は口を大きく開ける 力んで出すのではなく、息をたくさん吐くようにだす。 力まないほうが出ると体でわかってきた。 高く伸ばすところはよく狙って、出すぞと思ってから思いっきり出す。 低い音から高い音にとぶときは、低い音は出しすぎず次の高い音…

レッスンからの声

あごをおろす あごに手のひらまたは指あて あからおの唇へ 課題曲サビ部分 確かにさっさと歌えるかんじが実感できました なぜこれがズになるといまだに難しいんだろう!

レッスンからの声

喉仏が上がってしまったら、ため息で下がる、ブレスであくびでも下がる 無声子音で息漏れして息がもたない。そのフレーズをすべて濁音にして10回くらい歌ってから、普通に歌ってみると、歌えた。 あまり声がわーとでないような箇所で、頭をパーンとだす練習…

レッスンからの声

声のスピード、回転率、という概念を初めて知った。 喉仏をあげて肋骨の左右を広げて息を入れ、下腹で支えた状態での発声。 言葉の受け渡しを意識する。 口の中で口を広げる。

レッスンからの声

音をつけての発声では、音程に意識が持っていかれることなくできるようになってきました。 息を瞬間的に吸えるようになってきたと感じます。 下を向いての発声のビフォーアフターが強く感じられるようになりました。 2音の最後の音の後に口を閉じないことは…

レッスンからの声

あごを開けるっさっさっさ リップロール唇よせる 口まわりに力を入れない方法 アクション遅れがちなクセも顎あけで確認 たぶん頭で考えると遅れることが頻繁に起こっている

レッスンからの声

スタッカートをした後のほうが、ロングトーンが出しやすくなります。 ただ、スタッカートはいっときどこかに力が入って(瞬間的な力強さがある感じ)ベターな声がでるけれど、ロングトーンにした時に、たまに、どこに力を入れれば良いか分からなくなることも…