ヴォイトレレッスンの日々  

ヴォイストレーニングに関わっている方と、ブレスヴォイストレーニング研究所のトレーナー、スタッフの毎日をとりあげていきます。

07)トレーナーのメッセージ

今日のトレーナーのメッセージ

スタッカートの際はお腹全体を使おうと思わず、ピンポイントで意識して動かしてみましょう。結果的にお腹全体が揺れるように動きますが、無駄のない使い方が可能となります。(♯∂)

今日のトレーナーのメッセージ

熱いものが口に入っているようなイメージで、口の奥の空間を広く保つよう心掛けていただくと、徐々に声の通り道が広く保たれるようになってきました。 音によって口の中が変わらずに保たれると、更に理想だと思います。

今日のトレーナーのメッセージ

音符の数に対して歌詞が多め、フレーズが短めなので対照的な曲ですね。ぜひ細やかな音の動きやフェルマータ、6/8拍子などを楽しみましょう。(♯α)

今日のトレーナーのメッセージ

いつもの曲のキーが高く感じるときは、響きが太くなっていたり、響きが落ちているときです。うまく改善してみましょう。(♭Ξ)

今日のトレーナーのメッセージ

唄と三味線と両方身体に入って来ましたね、この調子で精進して下さい。(♭И)

今日のトレーナーのメッセージ

冒頭の低音部分の練習方法と、曲の途中で調子を崩した場合のリカバリ方法(お腹を動かしてみる、あくびをして喉回りを緩める)をやってみました。 今日の曲はとても良くなっていましたので、別の歌にチャレンジしていきましょう。(♯∂)

今日のトレーナーのメッセージ

「Sa」を音程なしでただ発音する(タイミングを確認する)、これを行うだけで発声でも曲の旋律でもパッと良い状態になっていました。他の曲でも、Saで歌って遅れを感じる箇所は、いったん音程を省いてリズムだけで発音するとすぐに解決すると思います。(♯α)

今日のトレーナーのメッセージ

顎が上がる癖は直したほうがいいかもしれません。響きに注目すると自然に治るとは思いますが。 sで息を吐くトレーニング(強く吐ききって、止めてさらに笑い、止めてからゆるめる)を、余裕があるときで構わないのでやってみてください。(♭∴)

今日のトレーナーのメッセージ

高音域になるにつれ、舌根と軟口蓋の距離が狭まったり、喉が締まりやすくなる状態になりやすい状態ですが、中低音域と同じようなフォームで出せるように少しずつ焦らず慣れていきましょう。(♭Я)

今日のトレーナーのメッセージ

基本の息のトレーニングを長くしました。今まで通り、自然に吐くsと、全力で吐くsをやってください。歌は、今の自分だとどう表現するのがいいのかを考えてください。声は少しずつ強くしていきましょう。

今日のトレーナーのメッセージ

よく譜読みできていましたね。高音域はその瞬間に何かをするのではなく、その前のフレーズから口の中などを変えない努力が必要です。音が上がってきてもそのままの状態を力まずキープできることで音圧が出てきて高音に輝きがでてきます。(♭Σ)

今日のトレーナーのメッセージ

遠くまで声を届けることを意識していただきました。強い声や大きな声を出すという意味ではなく、距離の想定の問題です。狭い場所で練習する際にも、ライブ会場やコンサートホールの空間を常にイメージしましょう。自然と歌のスケールが大きくなります。 また…

今日のトレーナーのメッセージ

今日は前回のレッスンよりもお疲れのご様子でしたが、後半の声はギアが入ってきて良くなりました。 37番、伸び伸びと歌えています。

今日のトレーナーのメッセージ

一度目に歌った際には「声が鳴らない」とおっしゃっていたで、片足立ちで歌うことを試していただきました。バランスを取ろうとする動作が歌に必要な深部の筋肉を活性化させてくれるので、声が出やすくなります。また、壁に背中を付けて歌うと、肩が外に開い…

今日のトレーナーのメッセージ

歌うお仕事がオフのときも、なるべく2~3日に一度は、自主トレをするように、習慣化していきましょう。(♭Ξ)

今日のトレーナーのメッセージ

「椅子に座り前屈」は立って行う前屈以上に身体が折り畳まれるので、筋肉の働きがより増すことになります。良く体感されていましたし、実際に声の聞こえからも効果的なことが良く分かりました。(♯α)

今日のトレーナーのメッセージ

引き続き、あくびのような口の奥の空間を維持することを大事にしましょう。 “L”の子音をつけて、「ロ」「ラ」「レ」などを試していただくと、空間を維持することがやりやすそうでした。 今日の感覚に徐々に慣れていきましょう。(♭Я)

今日のトレーナーのメッセージ

今日はたくさん滑舌のトレーニングをしました。多少無理をしてのどが少し痛くなるくらいはとても良いトレーニングになります。sと強く吐ききるトレーニングは、最後まで吐ききって、そのまま我慢して少し緊張を保って、ゆるめるようにしてください。体が開…

今日のトレーナーのメッセージ

レガートの訓練をメインにおこないました。レガートというのは音楽表現ではありますが、声の場合、発声の基礎力がないとうまくレガートにはできません。とても大事な訓練なのでぜひ試してみてください。

今日のトレーナーのメッセージ

片足立ちでゆらゆら揺れながら歌った時に、伸びのあるいい声がでていました。ご自分の感覚では必死でバランスを取りながらなりふり構わず歌っていただけだと思いますが、意外にも出てくる声は普段より力みの少ない声です。片足立ちによって余計な力を入れる…

今日のトレーナーのメッセージ

拍は指揮のイメージでグルーヴはセリフにもつながるので 少し興味を持っていただけるといいかもです セリフの中で間、そしてイントネーション、リズム そのあたりを考えてみるといいのかなと思いました

今日のトレーナーのメッセージ

よく練習しています。低い声がよく響くようになりました。カデンツに意識を向けるとよいです。カデンツまでは大胆に進んでいって構いません。(♭∴)

今日のトレーナーのメッセージ

裏声高音域も、週に一回位は、出しましょう。中低音の、ロングトーン・スタッカートは、しっかり取り組んでいきましょう。(♭Ξ)

今日のトレーナーのメッセージ

レッスンの内に声の枯れが直ったのは良い出し方の証明です。この調子でどんどん課題をクリアして力をつけて下さい。(♭И)

今日のトレーナーのメッセージ

今日のレッスンは、発声とコンコーネを歌いました。 発声の時から、今日は前回のレッスンよりも声の伸びは良かったですね。 37番、とても歌い込めてきましたよ。後半も伸び伸びと歌えています。 高音のところも、もっともっと進歩してきました。 次回も楽し…

今日のトレーナーのメッセージ

振付のある曲を見せていただきました。体を大きく動かす部分の方が意外と声が安定していました。じっとして歌っているときには、時々上行形で体が上がって声が上ずる状態が見受けられます。こういう時はお腹を小刻みにたくさん動かしながら練習してみましょ…

今日のトレーナーのメッセージ

一番に、アニメ声をしっかり充実させながら、他の取り組みも、無理のないように進めましょう。(♭Ξ)

今日のトレーナーのメッセージ

喉周りの力みの改善は、そこから遠い場所の働きを増やしていく方がダントツに近道です。スクワットの体勢は下半身の踏ん張りが増えますので、ぜひこの体勢になる時間を日常で行ってみてください。(ドライヤーのときなど、ながら練習で大丈夫です。)(♯α)

今日のトレーナーのメッセージ

少し「息漏れ声」のような部分がありましたが、徐々に改善されてきましたね。 引き続き、口の奥の空間(舌根と軟口蓋の距離)を広く保つこと、お腹でしっかり支えることと息が止まる瞬間を作ること、それから発音するという流れを大事にできると、しっかりし…

今日のトレーナーのメッセージ

フレーズの中でどの音も気は抜けません。大きくだすのではありませんがきちんと一つ一つ出していかないとメインに出したい音がうまくいきません。(♯γ)