ヴォイトレレッスンの日々  

ヴォイストレーニングに関わっている方と、ブレスヴォイストレーニング研究所のトレーナー、スタッフの毎日をとりあげていきます。

声レッスンの感想

1.いすの背もたれに手をかけて背中を丸く伸ばすストレッチは、腕で頭を包むようなイメージ(頭より上に肩甲骨と腕がある)で行った。ちょうど、猫が伸びをしているような感じだと思った。(背中を丸めるところ以外)
2.言葉、声は頬骨の上にのっかているイメージ、その声と分離してのどが鳴っているイメージでの発声練習。(「ミイイアーマアアイ(ドレミファーファミレド)」)この際、首の付け根でのどの奥の方を開けておくが使わないと言う事を教わったが、「使わない」というのが難しかった。
3.ブレスの練習。自然に吸って、胸は膨らませず(えぐれているイメージ)、隙間に入ってくるようにする。目の中、耳の中、ほほの中、背中の肋骨の一番した辺りに息が入ってくる。無駄な力を抜かないと、背中へは息を入れることが難しい、本当に何もせずに息を背中に入れるイメージ。
姿勢は、背中に体重を預けて、かかとと息が入ってくる背中側の肋骨の下の2点(3点) で支える。
レッスン後に美空ひばりさんの歌を聴き、ブレスがとても自然だったので、今回のレッスンで学んだことと繋がっていると感じた。
かかとに体重を乗せることをずっと教わってきたが、今回やっと背中に体重をあずける感覚をつかむことが出来た。(HO)

広告を非表示にする