ヴォイトレレッスンの日々  

ヴォイストレーニングに関わっている方と、ブレスヴォイストレーニング研究所のトレーナー、スタッフの毎日をとりあげていきます。

「レッスン」というもののとらえ方

「上達したい」、「現状の問題を解決してよりよい方向に進むための術を知りたい」という思いでレッスンへいらっしゃっていると思います。その気持ちはとても大切なことです。そして、その気持ちを持ち続けることが非常に重要だと私は考えます。
昔に比べて、世の中は「早く・安く・いいもの」が増えてきました。人々の生活はそれが当たり前になりつつあります。20年、30年前よりもコストパフォーマンス重視の時代になりました。無駄な手間やコストを省くことは非常に重要なことですし、効率よく進める考えはもっともだと思います。しかし、それでは対応しきれないものもあります。それが芸術の分野です。
これに関しては、個人の力量、向き合い方など様々なことが絡んできます。レッスンも最大限効率よく進めることを考えていますが、スポーツなどと同様で、結果の出方は個人差があります。大切なのは、如何にして今の自分自身と向き合い、与えられたメニュをこなしていけるか、ものにしていけるかという部分だと思います。やはり、努力しないよりも努力し続けた人のほうが結果に対するよい影響は出やすいですし、今まで何をしてきたか、普段どのような活動をしているかによって、その下地が変わってきます。大切なのは、「あきらめずに続けること」、そして、「できるだけ人前で披露する機会を多く持つこと」だと思います。
人前で披露することというのは難しいかもしれませんが、身内や親しい人でも構わないので、自分以外に聞いてもらうような人の存在を置くだけでも違ってくると思います。それが第一歩だと思います。レッスンは医者で薬を出してもらうようなものではなく、自ら積極的に吸収して、自分のものになるようにするためのアドバイスだと思っていただければと思います。(♭Я)