ヴォイトレレッスンの日々  

ヴォイストレーニングに関わっている方と、ブレスヴォイストレーニング研究所のトレーナー、スタッフの毎日をとりあげていきます。

レッスンからの声

発声・呼吸

裏返った方にいくと楽。高い声を聞いて育つと低い声は使わない。

呼吸練習:みぞおちとへその間を膨らませる→勢いよくハッと息を吐く練習。下腹は力を入れて膨らませない。

4つの点

ハミング→喉の下から斜め下→頭の天辺から上:低い方ができると細く小さくなる

支えを気にする:お腹全体、特に中心を膨らませて支えるのがおすすめ。膨らむ位置にベルトをして、押し出すようにするとよい。声を安定させることにもなる。声をコントロールできるようになったほうが感情が伝わる。

声を前に出す:目と目の間から出す。

スケール:おでこから斜め上に声を出す。

口の中を広くする:口を閉じてあくびの練習。高音が出しやすくなる。

高音で裏返る感覚が難しかったので、練習していきたいと思います。ベルトを使うと膨らませる位置がわかりやすいです。支え・前に出す・軟口蓋を意識すると自分でも聞いていてハラハラしないです。(OT)