ヴォイトレレッスンの日々  

ヴォイストレーニングに関わっている方と、ブレスヴォイストレーニング研究所のトレーナー、スタッフの毎日をとりあげていきます。

レッスン効果

曲で、言葉をレガート気味に歌う事で聞き手に歌詞が伝わり易くなった。
鼻声になりがちなのを、鼻をつまんで歌い声を後ろへ持っていくことで歌詞が更に明瞭に聞こえた。(MS)

喉の下から斜め下に「あー」と出す時に、低音は喉を広げるほうに力を入れる、というのを知り、なるほど!と思いました。
これまで低音でも喉が閉まっていることもありましたし、何よりこれまでは、喉を広げる時はなるべく力を入れずに広げようと思っていましたので、驚きました。
リラックスして大きく出せればよいですが、喉を広げるからといって、必ずしも力まで入れない、と言うわけではない事が分かり、スッキリしました。
おでこから斜め上に出すレッスンでも、額から唇までの縦中央が掃除機で吸われる感覚が感じられ、この時声も出しやすかったです。面白い(興味深い)と思いました。
喉にたんがからんでいる感じがする件ですが、ここのところ日常のこと過ぎて気にも留めなくなっていたのですが、改めて気をつけて喉を観察?感じてみると、毎日ずーっとたんがからんでいます(笑)
鼻水が落ちてきている気もしますし、そういえばニュースを4分間ほど読む際に、たんがからんで読み続けづらいことも最近あるなぁと思い出しました。耳鼻科に行ってみるなど含め、気をつけてみます。(OY)

広告を非表示にする