ヴォイトレレッスンの日々  

ヴォイストレーニングに関わっている方と、ブレスヴォイストレーニング研究所のトレーナー、スタッフの毎日をとりあげていきます。

レッスンからの声

1.発声の時、音をとるのに気を取られ、頭が余計に動いてしまっていました。

2.楽曲の歌唱の際、イタリア語の発音に気を取られ、口元に力が入り、声がスムーズに出ていないことを教えていただきました。

3.直立より前屈した時の方が、声の出方や言葉のスムーズさが良く、直立しながら身体を支えて歌うことが難しいのだと気付きました。

・前屈して歌うと、音の飛躍する部分もだんだんと出やすく楽に歌える実感がありました。

直立してからも、直後だとその感覚が反映されているように感じ、とても気持ちよく歌えました。身体でこの感覚を覚えていきたいです。

・イタリア語の発音ができてるか気になり、意識し過ぎて、口元に力が入って声が前に出ていなかったようです。歯を閉じながらや頬を両手で支えて歌うと、歌いやすくなったように感じ、慣れない発音もこれを意識して身体になじませていきたいです。(RR)

今日のトレーナーのメッセージ

最後の2音を躊躇なく前に出すことと、サビに入る前のシンコペーションの部分のメロディーラインがブレないように歌うこと。この2点がクリア出来ればかなりいいと思います。ベストを尽くして下さい。(♯∂)

今日のトレーナーのメッセージ

前肩の改善方法しらべてみますが、まず肩甲骨、背筋、少しの腹筋のバランスを考えてみましょう
肩甲骨を動かす運動をして胸を張るような、肩の位置を意識して立ってみる練習をしてみましょう(♭Ц)
 

レッスンからの声

1.呼吸 スッ シュッ ヒッ

2.SaオSaオSa ソファミレドレミレド(音に合わせて息を吐く→音程をつけて歌う)

3.SaオSaオSa ソファミレドレミレド(前屈で身体を揺らす)

4.テキスト Saで歌唱、Sa→歌詞を交互に歌唱、前屈で身体を揺らす

歌詞の後、出だしのSaが慌ただしくなりがち

口を開けるのを忘れる

顎が上がらないように

・Saで歌うと歌いやすい感覚がありました。

・歌詞になるとSaが歌いやすい分、少し歌いにくさを感じましたが、身体を使って実践できている証拠とのことで、この感覚を保てるようにしたいと思います。(HN)