ヴォイトレレッスンの日々  

ヴォイストレーニングに関わっている方と、ブレスヴォイストレーニング研究所のトレーナー、スタッフの毎日をとりあげていきます。

今日のトレーナーのメッセージ

keyの調整、上手くいっていました。この調性で試験も歌って下さいン。歌い方のコツをお伝えしたので、だまされて歌ってみてください。声もよく響くし、歌いやすくなると思いますよ。歌舞伎役者も、今日のレッスンでお話したようなしゃべり方をするから、マイクなしで喉の負担も軽く聞きやすいセリフ回しになるのですよ。日本歌曲も同じような応用できます。(♯Δ)

今日のトレーナーのメッセージ

気持ちよく声が出ていましたね。元気な曲なので、前に声を飛ばす感じがつかめたと思います。(♯∂)

今日のトレーナーのメッセージ

姿勢、とにかく姿勢に気を付けましょう。
また、歌う時の向く方向もまっすぐみましょう。
腹式呼吸でしっかりお腹を動かすことで声を出すときに役立ちます。
口の中を縦にあけてほほ骨をしっかり上げて声を出すと、とてもひびいてよい声が見えてきました
ので練習してみてください。(♭Ц)

今日のトレーナーのメッセージ

口蓋を高く上げて、声を前にベターっと出していくといいようです。がりっと言ってしまうときは、たいてい、喉の奥やお顔の中で息が止まっていて、前に吐きだせてない時だと思いました。今後も前に息を吐く習慣をつけられるよう、いろんなボカリーゼをやっていき、喉がその形を覚えていければいいと思いました。(♯β)

今日のトレーナーのメッセージ

発声と読み物を結び付ける細かいところをやりました。
基本的に、下の前歯が下がるイメージで口が開けているときに、いい状態になっています。
そして、フレーズの中で流れをせき止めないイメージができているときは、よりいい状態になっていました。(♭Я)

今日のトレーナーのメッセージ

声を出す前のブレスはとても大切です。息を吸った瞬間に声をだすすべてがきまります。舌根を下げるすなわち喉の奥を開けることを常に意識してみてください。(♯γ)

NHK ドラマ 「この声を君に」

竹野内豊主演 朗読教室に通う人達のドラマ。声がテーマの一つでもあり、声の話題も多くあって興味深い。(OA)