ヴォイトレレッスンの日々  

ヴォイストレーニングに関わっている方と、ブレスヴォイストレーニング研究所のトレーナー、スタッフの毎日をとりあげていきます。

レッスンからの声

1.「モ」は、吸って開いた状態のまま、息を吐く。それが全部声になるようにする。空気の振動で声は届く。

2.部屋では広がっている声でも届くけれど、ホールでは集めた声じゃないと届かない。

3.「マ」は オよりも口角を上げるけれど、あごは落としておく。そうすると、明るい響きになる。

4.「マ―モ―マ」モ で引いてしまわないで 、前へ。

・全体的に、特に高い音は、息が流れなくて、上だけの声になってしまっているなと感じました。

また、地道にやって積み重ねようと思います。

・コンコーネ26番は、前回にやった時には、全然スタッカートができなかったのですが、その時よりは切れるようになったなと感じました。(BY)