ヴォイトレレッスンの日々  

ヴォイストレーニングに関わっている方と、ブレスヴォイストレーニング研究所のトレーナー、スタッフの毎日をとりあげていきます。

リングアナウンサー

プロレスリングNOAHの仲田龍さんが亡くなられました。仲田さんのイメージといえば全日本プロレス時代のジャイアント馬場さんや三沢光晴さんをリング上でコールしているイメージがとても強いです。最近ではボクシングなどでも芸能人がリングアナウンサーすることも増えてきましたが本来リングアナウンサーというのは専門職です。
過去の大きなプロレス団体には看板リングコールがいました。全日本プロレス仲田龍さん、新日本プロレスの田中ケロさん、全日本女子プロレスの今井良晴さんなどは別格に素晴らしいです。彼らの声を聴けばどの団体かすぐにわかる位ある種ブランド化していました。仲田さんは選手の名前の母音をかなりはっきりと、とても長く伸ばします。母音しか聞こえないときもあるくらいですが大きな声で長く伸ばすというのが特徴でめした。田中さんは一般的なリングアナウンサーに比べると淡々と声をだす方ですがとてもクリアな美声と突然アドリブのように発する選手紹介で、彼がコールするだけで会場全てが試合が始まる前に最高潮になるのです。後楽園でも東京ドームでもです。下手な選手の試合を見るよりも田中さんの選手紹介の方が金がとれると思います。
今井さんは上記の二人を足して2で割ったような感じですが言葉もわかりやすく雰囲気作りも素晴らしいので「ダウンタウンガキの使いやあらへんで」の山崎邦正対モリマンや、「めちゃいけ」にもよく出演していました。
試合が売りのプロレスの世界でも声で働いている人達がいます。私は新日本プロレスの東京ドームでの田中ケロさんのリングコールでドームが一体になった感覚が忘れられません。(♭Σ)