ヴォイトレレッスンの日々  

ヴォイストレーニングに関わっている方と、ブレスヴォイストレーニング研究所のトレーナー、スタッフの毎日をとりあげていきます。

今日のトレーナーのメッセージ

ア行と、それ以外の行を比較しながら練習しました。子音があると声が出にくくなりますが、これは余計な口の動きが増えるからです。最低限の動きでシンプルに子音を出すように意識することと、なるべくア行に近づけることを心掛けてみましょう。(♯∂)