ヴォイトレレッスンの日々  

ヴォイストレーニングに関わっている方と、ブレスヴォイストレーニング研究所のトレーナー、スタッフの毎日をとりあげていきます。

今日のトレーナーのメッセージ

子音で息を大量に漏らすような音ではなく、下の付け根だけで軽くはじくような音です。ここで息を無駄遣いせず、母音の「e」でたくさん息を送り込むようにします。古典音楽は基本的に一拍目にアクセントがあり、作曲家はそこに言葉のアクセントが来るように書いています。それを意識して歌うと、音楽の流れが生き生きとしてきます。(♯∂)