ヴォイトレレッスンの日々  

ヴォイストレーニングに関わっている方と、ブレスヴォイストレーニング研究所のトレーナー、スタッフの毎日をとりあげていきます。

【「声は1分でよくなる!」(秀和システム) 福島英著】

「声は1分でよくなる!」(秀和システム) 福島英著1,300円が発売になりました。
表紙はこちらをご覧ください。 http://www.bvt.co.jp/new/shuwa/

 ことばを発するとき、私たちの心身は、そこにとり出されます。舌、あご、唇を動かし肺の空気を吐いて声帯で音として、口や鼻までに、声をことばとして、無意識にとても高度な加工をして、ことばを発しているのです。
 その声を指導することに30年、専らつきあい、といっても、ほぼ生きた年数、誰もがつきあっているのですから、まだまだ未熟ものですが。それでも、日本に生まれ、生きて、このところ、日本人の声が生き生きとしていないことに大きな危機感を覚えます。人類は、いや人間は、声のことばでまわりの人と、そして、みえない遠くにいる人や過去の人、これからの人を、共に感じて生きてきました。音を空気の振動にして音の波を共に鳴らしあって、感じあってきました。
 共感、共鳴、共振、そして、共生。それなのに、どうも日本人の声の具合がよくないのです。声はただ、内容が伝わるように使えばよいというものでありません。それならメールで足ります。その動きやリズム、躍動感や命をもってこそ、充分に働くのです。(「前書き」より)