ヴォイトレレッスンの日々  

ヴォイストレーニングに関わっている方と、ブレスヴォイストレーニング研究所のトレーナー、スタッフの毎日をとりあげていきます。

声レッスンの感想

1.踵の体操
足を”ハ”の字に開いて、踵で体重を支える。
足指は地面の土を掴むように曲げる。
椅子の背もたれなどに掴まり、腹を引っ込めて腰を屈める。
内股と外股を繰り返すように、踵を中心にして足をクルクルと回す。
このとき、尻を閉じておく。
但し、呼吸は止めないこと。
2.片踵で体重を支える体操
踵から背中までが一本の杭によって支えられているイメージに加え、体の中央には軸がなく、踵から背中まで通った2本の軸を交互にずらして体を動かすイメージ。
口をやや開き、静かに息を吐く。
片足はそのままで軸足とし、もう片方の足はやはり指を丸く曲げた状態で膝を曲げて持ち上げる。
3.ラレラレラレラレラの発声練習(ドレミファソファミレドレミファソファミレド、ドレミファッソー)
左へ傾けて立った状態では、踵、膝、尻、腰、腹、背中、喉も左だけ使って発声し、右へ傾けて立った状態では、踵、膝、尻、腰、腹、背中、喉も右だけ使って発声する。
中央からは声を出さない。
4.朗読「さる」(谷川俊太郎
やはり左又は右半分だけで発声する。
1行毎に左右を交互に使って発声する。
自由に左右を入れ替えて発声する。(YD)

広告を非表示にする