ヴォイトレレッスンの日々  

ヴォイストレーニングに関わっている方と、ブレスヴォイストレーニング研究所のトレーナー、スタッフの毎日をとりあげていきます。

今日のトレーナーのメッセージ

口の奥が狭くならないことと、低い位置でカラスのような状態で声を出す感覚に近く、歌詞を読むように練習すると、その後素晴らしい状態で歌えていました。
歌うというよりは朗読に音がついたようなイメージと思うと歌いやすくなると思います。
また、サビの部分では、手の甲が腿につくような状態で歌うと、体を使いやすくなると思います。(♭Ξ)