ヴォイトレレッスンの日々  

ヴォイストレーニングに関わっている方と、ブレスヴォイストレーニング研究所のトレーナー、スタッフの毎日をとりあげていきます。

声レッスンの感想

1.椅子に座り、上体を前かがみにする。その際、片側のお腹を出すように意識する。(お腹の真ん中が出てもOK)その状態で声を出す。上体をお腹に乗せるイメージで。
2.立った状態で、片側ずつのお腹を意識し、声を出す。やや前かがみにして、片側ずつのお腹に上体を乗せて行う。
・上体を腰からしたと切り離してイメージして、お腹に乗せる。お腹で上体を支え、上体はリラックスさせる。お腹だけではなく、背中の部分も出るように。
・椅子に座っての発声の際、お腹に上体を乗せることを意識することで、リラックスできて、声がのびやかに出せる感覚があった。立った姿勢では、同じ様に上体を乗せることが意識し難くなるが、片側ずつに体重を乗せることで、意識できるようになり、お腹で支えて声を自然に出す感覚を少し感じることができた。
体幹の筋肉(インナーマッスル)でしっかりと上体を支えることで、他の部分を自由に動かせるようにする。
今日のレッスンで、感じることができた、上体を、お腹に乗せて声が伸びていく感覚を大切に、発声をしてより明確に上体をお腹に乗せる感覚を意識できるようにする。(TR)

広告を非表示にする