ヴォイトレレッスンの日々  

ヴォイストレーニングに関わっている方と、ブレスヴォイストレーニング研究所のトレーナー、スタッフの毎日をとりあげていきます。

鼻呼吸の勧め

これから、どんどん空気が乾燥し、風邪が流行る季節となりますが、
風邪をひいてしまう原因は様々です。その中の原因の1つとなる「口呼吸の人は風邪を引きやすい」についてお話したいと思います。
以前、毎日会う人の中に、いつも口が開いていて口呼吸している人が何人かいました。
とても気になり、こっそり観察をしていると、その人たちは喉風邪をひき易く、ひくとなかなか治りにくいという共通点がありました。
風邪予防に「うがい」というのは有名ですが、せっかくうがいして喉を潤したり、ウィルスを防いでいたとしても、常日頃、口を開けて呼吸をしていると喉は乾燥し、ウィルスが吸着しやすく体内にたやすく入ってしまいます。
また口呼吸の人は呼吸が浅いため、呼吸回数も多く、その為、ますます喉は乾燥し、ウィルスは入る一方なので中々治りにくいのだと思います。
一方、鼻呼吸は鼻毛がフィルターの役割をするので、口の中が乾燥しにくく、ウィルスも入りにくい。何より、いつも口がポカンとしている人より、口を閉じている人のほうが締まった顔になり、人に好印象を与えます。ぜひ、皆さん、食事をする時、話す時、歌う時以外は口を閉じる事を心がけ、鼻呼吸をしましょう!(♯μ)

広告を非表示にする