ヴォイトレレッスンの日々  

ヴォイストレーニングに関わっている方と、ブレスヴォイストレーニング研究所のトレーナー、スタッフの毎日をとりあげていきます。

「ショパンコンクールの演奏」小林愛実さん

ファイナリストの方々の演奏はそれぞれに魅力があり、ピアノの表現でここまで心を動かせるのかと初めて感じられた。今の自分にとってはほんとに輝いて見えた。特に小林さんは、自分の感性では、悲哀や苦しみのような表現が一番上手に感じ、心の動きをピアニッシモや繊細なタッチで弾く音に感情が揺さぶられてしまった。ピアノは表現の勉強になることを知る良い機会だった。来年度日本にショパンコンクールで入賞した方々がくるコンサートがあるらしく、チャンスがあればぜひ生で聞いてみたいと思う。