ヴォイトレレッスンの日々  

ヴォイストレーニングに関わっている方と、ブレスヴォイストレーニング研究所のトレーナー、スタッフの毎日をとりあげていきます。

今日のトレーナーのメッセージ

背面に当てた手の平の感覚を頼りにすれば、「身体の支え」を保ちながら(=背面がへこまずに)声を出すことができます。その状態をどんどん身体に慣らしていくと、喉への負担はかなり減ると思います。(♯α)