ヴォイトレレッスンの日々  

ヴォイストレーニングに関わっている方と、ブレスヴォイストレーニング研究所のトレーナー、スタッフの毎日をとりあげていきます。

今日のトレーナーのメッセージ

胸郭をゆったり開いて、低速で(ただし均等に)息を使って低い声を出す練習をしていただきました。低音に早い息は必要ありませんが、息の量がブレないようにキープすることが肝要です。自転車をゆっくり、倒れないギリギリの遅さで漕ぐのが難しいように、集中の必要な作業です。(♯∂)