ヴォイトレレッスンの日々  

ヴォイストレーニングに関わっている方と、ブレスヴォイストレーニング研究所のトレーナー、スタッフの毎日をとりあげていきます。

地道な声づくり

若いので声はよく出るが、技術が追いついておらず高い音に苦労していました。本番もあるので、風邪をひこうが体調が悪かろうが歌わなければなりませんでした。まだ若いため、歌のための体が築かれておらず、そんな矢先、技術の足りなさ、筋肉不足に風邪が加わって声帯が炎症したままで無理して歌い、声帯に結節ができてしまいました。若さゆえの無茶が有効な時もありますが、このように一度結節ができてしまえば、マイナスに働くこともあるのです。技術が足りないうちに高音を無理して歌えば、喉のあたりでぎゅっと押して、詰めたような声を出しかねません。やはり、地道に体づくり、声づくりをすること、力を抜いて練習すること、そして、心身ともに健康に保つこともとても重要です。若いからこそ時間はたっぷりあるのですから、ゆっくり、自分と向き合いながら自分という楽器を構築していきましょう。(♯β)