ヴォイトレレッスンの日々  

ヴォイストレーニングに関わっている方と、ブレスヴォイストレーニング研究所のトレーナー、スタッフの毎日をとりあげていきます。

自分の体の制御を大事にする

練習やレッスン、そして本番に至るまで、自分の声の状態が気になるという人は、きっと多いのではないかと思います。自分の声の状態、音程、調子のよし悪しなど、気になることをあげるときりがありません。ですが、声や音に意識が向き過ぎてしまうと、どうしても自分の体での制御がおざなりになってしまい、それが原因でうまくいかないことも増えてしまいます。

そのような場合、理想的なのは、声や音(音程)への意識を一度分断し、自分自身の体の制御状況へ意識を向けてあげるとよいと思います。自分自身の体の制御と、自分の思い描く表現がリンクすればより理想とする方向へ進みやすくなると思います。

とはいえ、そこに行きつくためには、経験と訓練が必要だと思います。ですので、一度にたくさんのことを行うのではなく、最初の段階としては、自分自身の体の制御が行われやすくなる状態に慣れていくとよいと思います。

体での感覚というのは、比較的ぶれにくく、目印にもなりやすくなります。制御しやすい状態に慣れてきたら、最終的に、歌うものの表現と体の制御に食い違いが起こらないように結び付いていくと、聞き手側には、自然な形で聞こえやすくなっていくのではないかと思います。慣れるまでは大変だと思いますが、自分自身の制御をものにして、自在に扱えるようになるとよいですね。(♭Я)