ヴォイトレレッスンの日々  

ヴォイストレーニングに関わっている方と、ブレスヴォイストレーニング研究所のトレーナー、スタッフの毎日をとりあげていきます。

複数のトレーナーをうまく使おう

複数の指導者に習うのは、自分がうまく整理してレッスンを重ねていくと、とても多くの情報を得ることができます。

しかし、発声の方向性が指導者が変わると毎回いうことが変わってやり辛いと思う人もいるでしょうし、人間的に合う指導者とやっていきたいと思う人もいるでしょう。しかし、私はレッスン前提出シートを活用したり、自分なりにも記録をつけていく、または別の指導者でうまくいかなかった発声のメソードを別の指導者に相談してみるなどが、使い方次第ではとても効率よいレッスン体制が組めると思います。

情報が増える分、それを整理してまとめていくことがとても重要となります。指導者に言われるままにレッスンを受けているだけでは、体は安定しない状態が続くことも考えられます。これでは時間だけが過ぎていきます。

トレーナーはそれぞれ見解は違うことがあっても、皆さんの声を考えアドバイスしています。それをうまく使うためにもアドバイスやダメ出し、情報を整理していけば、一人だけに習うよりもより多くのことを得る機会になると思います。(♭Σ)