ヴォイトレレッスンの日々  

ヴォイストレーニングに関わっている方と、ブレスヴォイストレーニング研究所のトレーナー、スタッフの毎日をとりあげていきます。

量をこなす

レッスンしていて皆さんの「レパートリーが少ない!」と感じます。今、歌える曲何曲ありますか。世界的な演奏家で300曲から500曲です。ちなみに日本の音大でも公開で演奏するのは、1年で2曲、下手すると1曲。世界で全然戦えません。ピアノ科を出ても1回のコンサートも開けない人がたくさんいます。(2時間分、5曲くらいを覚えられない。)

細かく練り上げるのも大事ですが、海外の音大のペースを耳にしたところでは、日本の音大は「曲を仕上げるペースは遅すぎる!!」例えば日本では1年かけてオペラ1つを勉強したりしますが、海外のオペラ伴奏科では2週間から1か月で1つのオペラを弾き歌いで仕上げていくそうです。初見でどんどん弾き歌いというレッスンもあるようです。

ここのレッスンでも、できる人は毎回1曲は仕上げていってほしいものです。できたら毎回レッスンに2、3曲くらい持ってきてください、多すぎますか。1か月で4曲で、1年で50曲弱。500曲に到達するには10年もかかります。細かいことも大切ですが、暗譜で歌える曲を増やしていくことも大切な練習です。まずはカンツォーネやイタリア古典歌曲を覚えていきましょう。(♭∴)