ヴォイトレレッスンの日々  

ヴォイストレーニングに関わっている方と、ブレスヴォイストレーニング研究所のトレーナー、スタッフの毎日をとりあげていきます。

休息の重要性

声を鍛えるためには、トレーニング、実践のほかに休息も重要です。スポーツでも、鍛えるだけではなく、適切に休息をとることで、もとの状態よりも強くなる超回復というものがあります。

黄金のトランペットと言われたテノール歌手のマリオ・デル・モナコは本番前数日間は誰とも喋らず、家族とも筆談と言われていますし、私の先生は、電話は喉に悪いから連絡はすべてメールにしてほしいと言っていました。

発声練習は重要だと認識しつつ、声帯や周辺の筋肉はスポーツしているのと同じですから、喉が温まったと言われる状態は充血しているのと同じ状況なのです。

ある程度の年齢になると、仕事、トレーニング、休息のバランスをよく考えて生活する必要があります。これがうまくいかないと、トレーニング自体が喉への悪影響となります。オーバーワークで声帯がうまく閉じなくなったり、音域が狭くなったり、裏返りやすい、ガリガリ言いやすいなどの悪影響が生まれます。

ただし、若いころはある程度、質よりも量にこだわる時期もあると思いますのでしっかりと声を出してほしいのですが、年齢と仕事のバランスを考慮しつつ、トレーニングと休息もしっかりと取り入れていけると、声はいつまでも若々しく保てると思います。(♭Σ)