ヴォイトレレッスンの日々  

ヴォイストレーニングに関わっている方と、ブレスヴォイストレーニング研究所のトレーナー、スタッフの毎日をとりあげていきます。

深くとるか、軽くとるか

発声の勉強をしていくと、二つの発声のベクトルで悩むことがあります。声を「軽く」していく方向と、声を「深く」していく方向です。

声を軽くする方向では鼻腔共鳴、マスケラなどへ声を響かせることをアドバイスすることが多く、そのほとんどを「響き」に使います。

「深く」していく方向では喉を下げる、顎を下げる、呼吸を深くするなどの「体の使い方」のアドバイスが多くなります。

目指すものは同じだが歩み方が違うだけ、などとよくいわれますが、個人的印象では、歩みも方向も全く違うという印象です。最近はJポップからオペラまで声を軽くするような声の出し方が多いと感じています。

指導者、生徒の好みの問題となってくるので、よし悪しを問うことでもありません。自分がどのような方向で勉強するかを明確に持っていた方がトレーニングなどで迷わないと思うのです。 自分が何を、どのような方向で勉強したいのかをトレーナーとよく相談しながらレッスンや自主練習を行っていけるかが、声を鍛えていくポイントだと思います。(♭Σ)