ヴォイトレレッスンの日々  

ヴォイストレーニングに関わっている方と、ブレスヴォイストレーニング研究所のトレーナー、スタッフの毎日をとりあげていきます。

今日のトレーナーのメッセージ

上のミやファのを音を怖がらず、通過するイメージを持つとよいです。そして、中音域を鳴らしすぎず、高音にエネルギーをしっかりとっておくと、曲の緩急もついて、表現が豊かになります。(♭К)