ヴォイトレレッスンの日々  

ヴォイストレーニングに関わっている方と、ブレスヴォイストレーニング研究所のトレーナー、スタッフの毎日をとりあげていきます。

今日のトレーナーのメッセージ

母音をなるべく長く、くどいくらいにキープしましょう。子音はオマケ程度に考えても十分です。低音を歌い始めるときは、喉仏が上がらないように。ため息をつくと、ベストポジションが分かります。(♯∂)