ヴォイトレレッスンの日々  

ヴォイストレーニングに関わっている方と、ブレスヴォイストレーニング研究所のトレーナー、スタッフの毎日をとりあげていきます。

レッスンからの声

1.丹田のあたりをへこませて、 深く息を吐くトレーニング 。

喉の奥を開けて、摩擦のない息の吐き方をすることで、より 鍛えられる。

  1. 床に座って、体をひねって負荷をかけた状態で息を吐くトレーニング。

手でお腹の動きを感じながら、なんとなくではなくて、わざとポンプのように動かす意識を持ってやる。

お腹と息が連動していくように。

  1. お腹の底からの息に声を乗せて「 ハー」の声をだす。上だけにならないように。
  2. 骨盤の下の方から 、押し上げて、 頭蓋骨や口がい へというイメージを持って、息から声にする。

ミより上のファやソは、さらに下から引き上げて、口も縦に開ける。

  1. 胸郭のところは広げて 、そのまま 声を出していく。

・声を大きく出すことで 、負荷をかけていった方がいいと先生からは言われていました。

それ以外に、今日教わったような 内側の筋肉を強化するトレーニング方法を聞くことができてよかったです。

・まだ、内側の筋肉が弱いこともあって 、瞬発的に 出すことができなかったり、高い音が苦手なのかなと思いました。

鍛えたら、高い音が出しやすくなったり、ボリュームを持たせたり、強く歌ったりすることも、出来るようになるかもしれないなと感じました。

・いつもは高い音になると、上だけの細い声になってしまっていたのが、しっかり、下から、 息に乗っている声を出せた感じがしました。(BY)