ヴォイトレレッスンの日々  

ヴォイストレーニングに関わっている方と、ブレスヴォイストレーニング研究所のトレーナー、スタッフの毎日をとりあげていきます。

今日のトレーナーのメッセージ

「腰のさらに下の方で息を支える」感覚がわかれば声がもっともっと深く刺さる声になってくると思います。量をこなせばわかってくることもあると思うので「s」の息吐きのトレーニングを続けてください。強く一定に吐けるように。吐き終わった後の体の使い方をマスターしてください。(♭∴)