ヴォイトレレッスンの日々  

ヴォイストレーニングに関わっている方と、ブレスヴォイストレーニング研究所のトレーナー、スタッフの毎日をとりあげていきます。

今日のトレーナーのメッセージ

低い音は頑張っても出ません。だから頑張らないで出す方法をやってみました。まずため息のような、面倒臭そうな息を吐きます。すると喉仏が最大限下がります。その状態から歌い始めてください。自分では物足りない感じがすると思いますが、頑張って出すより間違いなくいい声が出ています。(♯∂)