ヴォイトレレッスンの日々  

ヴォイストレーニングに関わっている方と、ブレスヴォイストレーニング研究所のトレーナー、スタッフの毎日をとりあげていきます。

ポジティブにとらえる

世の中にはいろいろなタイプの人がいると思います。適当な人もいれば、その適当を許せないという人もいると思います。真面目な人は一生懸命取り組むので、大好きなのですが、真面目過ぎてしまうと、かえって仇となってしまうこともあります。
歌の場合は、一生懸命取り組むことは重要なのですが、真面目過ぎると、できないことにばかり気持ちが向き過ぎてしまって、自分で自分を追い込んでしまうようなこともあります。これだと負のスパイラルにはまって、なかなか抜け出すことができなくなってしまいます。
歌う上で大事なことは気持ちの転換です。できなくても当たり前、ちょっとでもできるようになったら儲けもんくらいの気持ちで取り組むくらいが、ちょうどいいかもしれません。本番中も、本当の意味で完璧な演奏など、人生のうちに何度あるかというくらいです。
100パーセントを求めることはある意味では必要な事です。しかし、本番でも100パーセントを追い求めすぎると、どこかに歪がくることがあります。ときには80パーセントできれば万々歳くらいのきもちでいいと思います。日々の練習でも、自分を追い込むことは大事ですが、ネガティブな気持ちが出過ぎるのでは逆効果です。とにかく前向きな気持ちで取り組むことが大事だと思います。(♭Я)