ヴォイトレレッスンの日々  

ヴォイストレーニングに関わっている方と、ブレスヴォイストレーニング研究所のトレーナー、スタッフの毎日をとりあげていきます。

フレーズの連続性

私は、フレージングにタッチ、ニュアンスをおくとか、エッジをきかす、ピークや発色させるなど、独自のイメージで課題を与えています。もっと大切なのは、フレーズの終止から、次のフレーズに入るまでの流れの保ち方です。そこでのブレスによる流れの変え方、リズム・グルーヴ感なしには語れません。

付言するなら、たとえば4つのフレーズを歌うなら、4つの同じ山ではなく、一つの大きな流れで一貫させた上で、4つのフレーズをおかなくてはなりません。常に起承転結を意識してください。歌一曲、最後まで気持ちが切れてはならないのです。