ヴォイトレレッスンの日々  

ヴォイストレーニングに関わっている方と、ブレスヴォイストレーニング研究所のトレーナー、スタッフの毎日をとりあげていきます。

言葉さばきの問題

アナウンサーの人の訓練の様子や、アナウンススクールなどで教わる内容として、「口形をしっかり動かして、言葉を喋る」というものがあるようですが、声そのものの訓練と考えた場合、この練習を行うことによって、かえって声が出しにくくなってしまったり、声をのものが磨かれにくくなってしまう場合があります。
「口形をしっかり動かす」という訓練は、楽器としてある程度磨かれた状態の人には応用できると思いますが、そもそも声があまり出ないような状態の人がその訓練を行ってしまうと、口は動いても声があまり届かない状態であったり、滑舌が悪く聞こえたりという状態になることもあります。
順番としては、まず、声をしっかり出せる状態を作ることが最優先だと思います。声が出しにくい人の特徴としては、口があまり開かなかったり、開いても横開きで口の中がつぶれた状態になっていることが多いように感じます。そのため、まずは口を縦に開き、言葉によって口形を変えすぎない、少しモゴモゴしたような状態で、声そのものをしっかり磨いていくことが重要だと思います。(♭Я)