ヴォイトレレッスンの日々  

ヴォイストレーニングに関わっている方と、ブレスヴォイストレーニング研究所のトレーナー、スタッフの毎日をとりあげていきます。

腹筋

発声にとって、横隔膜がとても大切な役目を果たすことは、たぶん多くの皆さんがすでに耳にしていると思います。膜という名前がついていますが、膜ではなく、筋肉だということも、4割くらいの人は、知っていることでしょう。ですから、お腹を使うということが、腹筋ではなく横隔膜に大きく関わっているということも、かなりの皆さんが知っていると思いますが、では、腹筋はそれほど大切ではないのでしょうか。
横隔膜の筋力が、強ければ強いほど、呼吸のコントロールも声のコントロールも、やりやすくなります。しかし、横隔膜だけが強いと、内蔵が下に押されるばかりで、内蔵下垂になってしまうかもしれません。それを防いだり、横隔膜に対抗してくれるのが、腹筋や骨盤底筋です。ですから、腹筋と骨盤底筋も、強い人が横隔膜を活躍させやすいということになります。
私は、高校の合唱部時代、毎日、腹筋運動を100回やらされました。皆さんも、声と、健康のためにも、横隔膜だけでなく、腹筋と骨盤底筋も、鍛えるように心がけましょう。(♭Ξ)