ヴォイトレレッスンの日々  

ヴォイストレーニングに関わっている方と、ブレスヴォイストレーニング研究所のトレーナー、スタッフの毎日をとりあげていきます。

今日のトレーナーのメッセージ

読むことと歌うことは全く別のように感じるかもしれませんが、根本は同じです。
まず丁寧に詞を朗読してから、同じ箇所を歌ってみましょう。、朗読に比べて歌は倍ぐらいブレスの場所が増えると思います。
これは息が効率的に使えていないからです。
声を出す瞬間は、誰もが固くなりがちで思うように行きません。そこで、大袈裟に息を吐きながら始めることを試して下さい。
一見、息を無駄遣いしているように感じますが、息が流れて必要なブレスの回数が減り、朗読と同じように余裕をもって歌えるようになります。(♯∂)