ヴォイトレレッスンの日々  

ヴォイストレーニングに関わっている方と、ブレスヴォイストレーニング研究所のトレーナー、スタッフの毎日をとりあげていきます。

力みとの闘い

声が出し難いと感じるときに、原因の一つとして多くのウェイトを占めるのが「力み」の問題です。ただし、これは往々にして無自覚で行われていることが多い問題でもあり、直していくのはかなり苦労します。力んでしまう人の多くは、息を吸う時点で力んでおり、声を出してみて、出し難いと実感するものの、何が原因でこうなっているのかを自覚するのは難しい状況だと思います。解決していくためには、レッスンの中で、力まない状態で息を吸うということを一つ一つ覚えていくことが必要だろうと思います。力んでしまう原因の一つは、自分が思っている以上に、素早くたくさん吸おうとしていることが考えられます。その時に、肩や胸が固くなってきてしまうことが考えられます。肩や胸が固まってしまうと、そのまま固定されてしまうので、身動きがとりにくくなってしまいます。この状態では息も入らないし、声を出すときも窮屈な状態になります。解決するためには、ゆったり、落ち着いて吸うことを身につけていくことが重要です。そして焦らないことが重要です。(♭Я)