ヴォイトレレッスンの日々  

ヴォイストレーニングに関わっている方と、ブレスヴォイストレーニング研究所のトレーナー、スタッフの毎日をとりあげていきます。

高音域と低音域

高音域も低音域も、どちらももっと出せるようになれば音域が広がって歌いやすくなるのに・・・と思う人もいらっしゃるのではないでしょうか。音域の幅が広ければ広いほうが、歌える曲の幅も広がりますし、理想ですよね。そうなりたいと思って、実際に高い音や低い音を頑張って出そうとチャレンジするものの、なかなかうまくいかないばかりか、喉だけが疲れるということを経験した人もいるのではないでしょうか。では音域を広げるためにはどうすればいいのかという話ですが、最初のうちは無理せず、少しずつ上にも下にも広げていくことが重要です。「叫べば出る」という状態を良しとすると、追々限界を迎えることになります。喉に違和感を感じるという状態は、過度な負担がかかっている証拠ですので、無理しすぎない状態というのを作っていくことが重要です。無理をし過ぎると声が嗄れます。地道にコツコツ慣らしていくことがとても大事なので、焦らずに長い目で見ていきましょう。(♭Я)

広告を非表示にする