ヴォイトレレッスンの日々  

ヴォイストレーニングに関わっている方と、ブレスヴォイストレーニング研究所のトレーナー、スタッフの毎日をとりあげていきます。

バランス

ヴォイストレーニングを受ていると「腹式呼吸」「ジラーレ」「マスケラ」「鼻腔共鳴」などの多種多様な言葉がたくさんでてきます。ネットを見てもアッポッジョやソステネーレなどの言葉がたくさんありますが、どれか一つだけでも高い次元でできたならばもうほかのこともある一定以上のレベルでできていることが多いです。例えば呼吸と横隔膜の関係は切ってもきれません。声を支えるということを突き詰めれば呼吸を避けることはできませんから必然的に支え=呼吸という観点になっていくと思います。
鼻腔共鳴もただそこをねらっていれば響くかといえば決してそんなことはなく、鼻腔共鳴こそ支えとのセットでしか無理です。そうなると呼吸にかえってきますし、呼吸を考えるうえで姿勢も避けては通れませんからすべてがバランスで成り立つことに気付くはず。
マスケラだけを意識してうまくなった人はその人が気づかない間にほかのこともできていることが多いです。
一つのことを突き詰めると時間も忍耐も必要なのですが、それを可能としてくれるのがレッスンであり手助けするのがトレーナーだと思いますので活用してください。
(♭Σ)

広告を非表示にする