ヴォイトレレッスンの日々  

ヴォイストレーニングに関わっている方と、ブレスヴォイストレーニング研究所のトレーナー、スタッフの毎日をとりあげていきます。

声のレッスンの感想

1.呼吸練習

鼻から、脳に吸い込む。(頭の中の古いものを洗い出し、新しいものに入れ替えるように。)
事実、鼻から吸い込まれた息は、脳へ届く!
やがて、体の中に「一本の柱」が形成されてくる。
次は呼吸のテンポを速め、鼻から吸って腹を膨らまし、鼻又は口から吐いて腹を凹ませる。
2.ハッハッハッハッハ」の発声練習
呼吸練習で作り上げた働きを応用する。
3.「おでん屋」(「声と言葉のトレーニング帖」P89
4.「フーテンの寅さん」 (「声と言葉のトレーニング帖」P89
テンションを盛り上げて読むのも一手ではあるが、敢えて盛り上げずに読んでみるのもトレーニングの一手として有効。
(例)やる気がなく、嫌々読む。或いは、ニュースキャスターのように淡々と冷静に読む。など。
いろんな表現方法で練習すると有効。
いろんな読み方(語り方)を試すことで、より幅広い表現ができると共に、より良い表現方法を見出せるようになりました。