読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ヴォイトレレッスンの日々  

ヴォイストレーニングに関わっている方と、ブレスヴォイストレーニング研究所のトレーナー、スタッフの毎日をとりあげていきます。

低くなくても低そうに聞かせる

最近は、さすがに男性歌手の高音ばやりも行きつくところまで来たのか、低音を充実させたいという人が、時々いらっしゃいます。声域は、どうしても声帯の大きさなどに左右されるところも大きいので、ある程度の限界があるのですが、長い時間を費やせば、それすらも変えていくことは、可能なようです。ただし、多分10年単位ぐらいの時間は覚悟しなければなりません。そこで再確認したいのは、普通の人以上の低音を、本当に出したいのかどうかということです。
オペラ歌手の場合は、この音程が出せなければ、一部のオペラは歌えないということになり、バス歌手としては肩身が狭くなってしまうということになるのですが、ポップスなど他の分野をめざしている人の場合、実際には、低い音程を出したいのではなく、太くて低そうに聞こえる声を出したいというのが、本来の目的であることが少なくありません。ですから、人並み以上の低音をめざすよりは、声の出せる低音を、より低そうに立派に磨いていくほうが、何10年もかけずに達成できる、より現実的な取り組みになるのです。(♭Ξ)