読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ヴォイトレレッスンの日々  

ヴォイストレーニングに関わっている方と、ブレスヴォイストレーニング研究所のトレーナー、スタッフの毎日をとりあげていきます。

がんばり癖について

レッスンはもちろん自主トレでも、がんばり過ぎがよくないことは、ほとんどの人が、頭では理解していると思います。それでも、がんばり好きな性格も手伝って、以外にがんばり気味な人は、少なくありません。「脱力」をメインで指導しているレッスンでは、ほとんどありませんが、少しだけがんばることを推奨しているレッスンでは、よく注意しないと、網の目をかいくぐられてしまうことがあります。
つまり、すでにある程度声が大きく出せるようになっている人の場合は、力の入り過ぎ・がんばり過ぎは、すぐにわかるのですが、まだ、声がなかなか大きく出せない人の場合には、がんばり過ぎた声が、ほんの少し立派なよい声だったりするのです。ただ、まだ喉全体の力としては、そのよい声を出すには、不十分な状態なので、がんばり過ぎないと、その声が出せないということになります。そして、がんばり具合とよい声のバランスがうまく進んで、少しずつがんばり過ぎが減っていけばよいのですが、楽によい声が出せるようになっても、まだがんばり過ぎを続けてしまうと、そこではじめて、がんばり過ぎが露呈して、声としても、楽なよい声から、少しずつ外れていってしまうのです。(♭Ξ)