ヴォイトレレッスンの日々  

ヴォイストレーニングに関わっている方と、ブレスヴォイストレーニング研究所のトレーナー、スタッフの毎日をとりあげていきます。

何を指標とするか

レッスンでは、トレーナーのアドバイスによって導かれていくと思いますが、自分自身で練習しようとしたときに、何を指標としていいのかが分からないと難しいですよね。多くの人は、「いい声の音」を頼りにしたくなると思います。しかし、声というのは自分という楽器から生み出されるものであり、「音」としての捉え方は日によってかなりの誤差が生じます。ですので、「音を頼りにする」という行為は、雲をつかめというのと同じくらい、初心者にとっては無理難題なのです。実は、プロの歌い手さんであっても、自分自身で自分の声を判断しようとはしません。客観的に聞いてもらえる人をそばに置き、判断してもらうのです。自分自身のことなど、自分が一番分かっていないものなのです。ですので、練習のときに心がけるべきことは、レッスンのときに指示された、「身体の使い方」に意識を持つことです。体感できるものはぶれ難いですし、例えば、口の形や姿勢などは、鏡に映せば、一発で分かります。そのような部分を、自分でることとして攻めていき、次のレッスンに備えていくことが、進歩に繋がると思います。(♭Я)

広告を非表示にする