ヴォイトレレッスンの日々  

ヴォイストレーニングに関わっている方と、ブレスヴォイストレーニング研究所のトレーナー、スタッフの毎日をとりあげていきます。

胸の響きは駄目ではない

ヴォイストレーナーや声楽指導者の中には胸の響きや地声そのものを否定される方がいます。私はこれまでそのような方を沢山見てきましたし私自身もそのように指導されてきました。そして私もヴォイストレーナーになりたての頃はそう指導してきました。それが自分の中の正解だっとからです。
今思うのは胸に押し付けたような声や胸が硬い声はよくありません。しかし胸の響きや自然に地声になれないのは声としても表現としても不自然です。
胸の響きを否定できない理由は沢山ありますが大きな理由としては喉を開けるためには喉頭をさげなければいけません。開けるというと、左右に広がるみたいな間隔になりがちですが「喉が開く」というのは「喉頭が下がる」と思っていいと思います。これをおこなうためには下顎を下げる等の技術が必要になります。このときに胸が響いてくることがありますが喉頭がさがると空間が広がるので傷めることはありません。
喉頭がさがると多少さけんだり強くだしても喉を傷めませんしかえっていい声になる場合が多いです。特にポップスを勉強される方はいい響きをつくることよりも「喉を開ける」「強くだしても傷めない声」という観点でトレーニングされたほうが効果が高いと思います。(♭Σ)