ヴォイトレレッスンの日々  

ヴォイストレーニングに関わっている方と、ブレスヴォイストレーニング研究所のトレーナー、スタッフの毎日をとりあげていきます。

自分の声で勝負する

カラオケなどにある採点機は、おおよそ、その曲を歌っている人の出したCDやレコードの歌い方に忠実に再現して歌うことによって、高評価と判断すると思います。しかしながら、オーディションにて、カラオケで高得点を出す歌い方をすれば審査員の評価が高くなるかというと、決してそうではないと思います。ものまねのオーディションなら別ですが。
もともと誰かが歌ったものをカバーするというのもあると思いますが、必ずしも、先に出した人のまねをしているとはいえませんよね。自分の曲として、新たに作り直して歌っていると思います。まねをしたところで、二番煎じになるだけで、商品として成り立つ可能性はかなり低くなると思います。また、それに心を惹かれる人がどれだけいるのかというと、あまり望めませんよね。しっかり自分の曲として自分の声で勝負することが重要であると思います。自分の声で勝負し、自分を商品化することによって、訴求力が生まれるのではないでしょうか。また、そうなるために努力をしていくことが重要であると考えます。(♭Я)