ヴォイトレレッスンの日々  

ヴォイストレーニングに関わっている方と、ブレスヴォイストレーニング研究所のトレーナー、スタッフの毎日をとりあげていきます。

今日のトレーナーのできごと

Gさん、拍頭でテンポが遅れないように出るために、手で拍を打ちながら音源を聞く練習をしましょう。次に、手で拍を打ちながら歌ってみましょう。言葉の最初で出遅れなければ、ダンサーさんたちも踊りやすいと思います。英語のほうは、やはり拍頭の単語を明確に発音しましょう。(アロマ)