ヴォイトレレッスンの日々  

ヴォイストレーニングに関わっている方と、ブレスヴォイストレーニング研究所のトレーナー、スタッフの毎日をとりあげていきます。

練習する時間帯

最近では24時間音だし可能とうたっている不動産物件も出てきました。しかし、基本的には、楽器も声も、音を出す以上、練習できる時間帯はある程度絞られてくると思います。自分は今まで日中に声を出して練習し、深夜に意味調べや暗譜の時間としてあてていましたが、最近は深夜に行っていた分を早朝に回すように心がけるようになりました。
自分のコンディションを考えると、気持ちとしては深夜に行ってしまったほうがスムーズで楽なのですが、寝不足になると体調を崩しやすく、長期的にはできないというデメリットがありました。本当に時間がないときは、ほぼ徹夜状態という日が数日続くこともありましたが、その後の悪影響が酷く、風邪をひいたり疲労がなかなか取れないなど、デメリットばかりでした。
その反省から、疲れた日はとにかく早々に寝てしまい、疲れをとることに専念し、次の日にできるだけ早く起きて練習・勉強するという手法をとるようになりました。朝のうちのほうが、頭もスッキリしている為か、ピアノを弾いていても指が動きやすかったり、暗譜もしやすいというのが自分なりの効果です。人それぞれ、自分のベストな練習・勉強方法があると思います。それを見つけて、より自分を高める手段に使えるとベストですね。(♭Я)

広告を非表示にする