ヴォイトレレッスンの日々  

ヴォイストレーニングに関わっている方と、ブレスヴォイストレーニング研究所のトレーナー、スタッフの毎日をとりあげていきます。

歌のレッスンの感想

1.あくびのポジション
あくびをすると、のどの奥に大きな空洞ができる。
さらに、つむじから後ろの頭が前と同じだけある
とのイメージを持つ。
その状態で発声する。
 
2.胸を鳴らす
胸の筋肉と背中の筋肉が一段上に行くようにする。
力を抜くのと胸や背中を下げるのとは違う。
力を抜くと言う人もちゃんと力が入っているところがある。
胸を鳴らすには胸の筋肉は必要。
必要な筋肉を動かすのを阻害する筋肉に力を入れない。
どこに力を入れたらいいかというと、胸骨に響かせたい。
O-Uという発声で胸骨を盛り上げるトレーニング。
胸骨を盛り上げた時にお腹はきゅっとなる。
胸に響いたのが胸から直結して首の骨に伝わるようにする。
胸と首は一直線にする。
お腹をきゅっと絞ることで、胸と背中の筋肉があがり、
お腹、胸、首、頭が一体になるイメージ。
歌が好きという人は毎回それを感じている。
自分が気持ちいいと聞く人も気持ちがいい。
胸→首→後ろの頭を通って音が抜けていくようにする。
3.Mi Nei
裏拍(2,4)で体を下げる。日本の曲は逆。
片足ずつ軽く曲げる。
3分間曲を聞きながらリズムをとって体を動かす
トレーニングをするとリズム感が良くなる。
胸から首に音を伝わるようにすると音に安定感が出る。
リズムにのると先へ先へと進んでいける。(R)